MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
恵比寿それがしー「レモンサワー」にメロメロ!

恵比寿それがしー「レモンサワー」にメロメロ!

グルメライターが[恵比寿それがし]を実食レポート。何て麗しいレモンサワーだろう。酸味の爽快さも、心地よい甘みも、果実のフレッシュ感もあり、カクテルのようにバランスいい1杯だ。『恵比寿それがし』の旨さの秘密は自家製レモンシロップ。[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11

恵比寿それがし(最寄駅:恵比寿駅)

和食店が生み出した橙色の奥深き1杯にもうメロメロ

大量のレモンスライスを和三盆など和糖で煮詰めて上品な甘酸っぱさに仕上げており、ピュアな焼酎と炭酸を注げば刺身など和の料理に寄り添う絶妙な味わいに。純米酒にこだわる店の隠れた傑作だ。

お刺身盛り合わせ
1人前1080円(写真は3人前)

取材時の刺身は〆鯖など。

リッチレモンサワー
756円

甘酸っぱいレモンスライス入りのサワーは完成された旨さ

牡蠣の焼き寿司
972円

赤酢のシャリに三陸産の牡蠣、濃厚牡蠣ソース、ナッツをのせて焼いた変わり寿司。濃厚な旨みがさわやかなサワーに合う

お店からの一言

店長 藤田智嗣さん

「純米酒は約60種。レモンサワーにも合う酒肴を揃えてます」

恵比寿それがしの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿西2-3-11 [TEL]03-6416-3981 [営業時間]17時~翌1時(24時LO)、日・祝15時~23時(22時LO) [休日]年末年始 [席]計34席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩5分

電話番号 03-6416-3981
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
夕刻ともなれば近所の常連も、海帰りの学生たちも立ち寄り賑やかな角打ちに。よく冷えたグラスの生ビールもあれば、ショーケースには地元のクラフトビールも。
「戦後すぐの創業ですから、当時は豆やモツくらいしかなかったそうです」と、店主・宮野雄治さんは語る。
 祖父の万吉さんが店を始めたのは、1945(昭和20)年のこと。
 美味しいおかずとふっくら炊きたての銀シャリ、それにちょっとのお酒があれば、われわれニッポン人にとって最高の夕食となるだろう。お品書きには、自家製ドレッシングのサラダに始まり、ダシを利かせたがんもの煮付け、おから入りの手作りさつま揚げなど、温もりあふれる料理が並ぶ。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
愛知県のラーメンやつけ麺を語ろうとするとき、どうしても名古屋市内の店ばかりがクローズアップされるが、地方にも絶対の自信を持って勧められる店がある。 名古屋めしには欠かせない八丁味噌の産地として知られる岡崎市にある『つけめん舎 一輝 本店』もその一つだ。
またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。 なんと『レンジで簡単 オムライス』。 2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ! 包丁も、フライパンも使わず、お皿2枚だけでオムライス作りに挑戦です!!
程よい塩気と絶妙な肉の食感が特長のリエットは、バゲットにのせるだけで手軽に贅沢な一品に。軽く火を入れても美味で、ワインが欲しくなる味わいだ。
 「ぜひ見てください」。そう言って店主・中村さんが扉を開けたのは敷地内にある工房。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt