MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
恵比寿で飲める!シャリッとした味わいがタイ料理にマッチするレモンサワー!

恵比寿で飲める!シャリッとした味わいがタイ料理にマッチするレモンサワー!

「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。

タイ屋台ラオラオ(最寄駅:恵比寿駅)

トッピングのフローズンをよく混ぜてグイッといこう。シャリッとした味わいが、生春巻や独特な辛さのタイ料理と合う。

プリプリ生春巻き
1本250円

生スーパータイサワー・パッポン(レモン)
小520円 大810円

タイ屋台ラオラオの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-4-14 [TEL]03-5793-3773 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~翌1時(24時LO)、土・日・祝12時~15時半(15時LO)、17時~翌1時(24時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩2分

電話番号 03-5793-3773
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お米屋さんが作ったフォー専門店だけあって、麺の食感がつるりと気持ちよく舌触りも抜群。化学調味料不使用のスープは上品で深い旨みをたたえ、後引く味わい。
この店のタイスキは、鶏ガラスープと4人前のてんこ盛り野菜が付いた基本セットに好きな具を追加するスタイル。具は牛肉、エビ、イカ、魚すり身団子、レバーなど全15種類で、すべて550円。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt