MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Osteria Arco(イタリアン/神山町)|食材の宝庫・北イタリア料理がベース

Osteria Arco(イタリアン/神山町)|食材の宝庫・北イタリア料理がベース

神山町「オステリア アルコ(Osteria Arco)」のシェフは、チーズをはじめとした乳製品やワインなど、食の宝庫である北イタリア・ピエモンテで修業した実力の持ち主。イタリアや静岡、高知、九州数県など各地の農家などから直送される旬材を使用する。

Osteria Arco(最寄駅:代々木公園駅)

シェフは、チーズをはじめとした乳製品やワインなど、食の宝庫である北イタリア・ピエモンテで修業した実力の持ち主。イタリアや静岡、高知、九州数県など各地の農家などから直送される旬材を使用する。

マルタリアーティ
2268円

(手前)「マルタリアーティ」2268円、「伊豆の天城軍鶏のボッリート」2052円

伊豆の天城軍鶏のボッリート
2052円

Osteria Arco

東京都渋谷区神山町7-12 1階 ☎03-5790-9904 [営]12時~14時半(13時半LO)、18時~23時(22時LO) [休]月(祝の場合は営業、翌火休)、不定休 [席]14席 ※8月13日~15日のパスタランチは休

電話番号 03-5790-
9904
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「ランチでもリストランテで食事をする醍醐味を感じて頂きたい」と、馬場正人さん。例えばフォカッチャは営業開始時間に合わせて焼きたてを。
古民家を生かしたシックな佇まい。ゆっくり腰を落ち着けて、料理もワインも楽しみたいときに行きたい店だ。
 オープンキッチンの開放的な空間に元気なスタッフ。ともかく活気があって、広めのカウンターもテーブル席も居心地がいい。
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt