MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
若林で新たに出発!新生『ナイーフ』のブレッドは程よい塩味でモチモチ!

若林で新たに出発!新生『ナイーフ』のブレッドは程よい塩味でモチモチ!

中目黒の名店『ナイーフ』が一時クローズしたのは2007年のこと。その後、店主の谷上さんは新店立ち上げや『ドミニク・サブロン』のシェフ・ブーランジェを務め、’15年に若林で再出発した。

ラ・ブランジェ・ナイーフ(最寄駅:若林駅)

食事としてのバゲットなど基本のパンのスタイルは同じだが、「新しい技術を得て製法を変えた」と中身は進化。国産小麦にほぼ切り替え、自家製天然酵母を駆使した味はどれも仕事への実直な姿勢そのものだ。

マリネ
1200円

定番商品。ナッツやドライフルーツ入りでスパイスが利いた「マリネ」はコーヒーや紅茶のお供にも最高。

パン・ド・ナイーフ
280円

「パン・ド・ナイーフ」はバターとクリームチーズを練り込んだ生地が風味豊か

カンパーニュ・バゲット
300円

パネトーネ(1/2)
450円

若林ブレッド
460円(写真は1/2で240円)

国産小麦を使用。適度に気泡が入り、程良い塩味でモチモチ。そのままでも、トーストしてもオススメ

お店からの一言

シェフ 谷上正幸さん

「責任感を持って安心で美味しいパンを作っています」

ラ・ブランジェ・ナイーフの店舗情報

[住所]東京都世田谷区若林3-33-16 1階 [TEL]03-6320-9870 [営業時間]10時~18時(パンが充実するのは昼ごろ)※ランチタイム有 [休日]火・水(ほか臨時休業あり)/予約可 [交通アクセス]東急世田谷線若林駅から徒歩2分

電話番号 03-6320-9870
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ。2軒隣にある姉妹店『トロパンサンドハウス』のフィッシュバーガーは、昆布〆したアジフライがユニーク。
更新: 2018-10-16 14:36:24
シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。数々の名店でシェフ・ブーランジェを務めた志賀勝栄シェフの店『シニフィアン シニフィエ 世田谷本店』。定番商品の小麦の配合などを見直し、より美味しさを極めた味を提案している。[住所]東京都世田谷区下馬2-43-11 1階
更新: 2018-11-12 16:04:01
スペシャリテはクロワッサン。そのはかなげな層はハラハラと口の中で崩れ、バターのリッチな香りが際立つ至高の逸品だ。
更新: 2018-10-15 18:41:38
ここは世田谷の小さなパリ。20代で渡仏して修業した『ブーランジュリー ボネダンヌ』店主の荻原さんが焼く本場仕込みの味が評判だ。
更新: 2018-10-13 12:00:00
店に入るや幸せ度MAX。目移りするほど彩り豊かなパンが迎えてくれる世田谷線きっての人気店だ。
更新: 2018-10-10 12:00:00
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt