MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

専門家も唸る!世田谷『ブーランジェリー ヌクムク』の食パンは必食の逸品

1階がパン屋、2階がアメリカンテイストあふれるカフェ。ハード系から惣菜パンまで約100種が並び、使うカスタードクリームやミートソースなどもすべて手作りを心がけている。

ブーランジェリー ヌクムク(最寄駅:三軒茶屋駅)

ぜひ試してほしいのが「世田谷モチモチ食パンスペシャル」。天然酵母、湯種製法、長時間発酵など数々の技術で完成させたそれは水分量が極めて多く、びっくりするほどもっちりしっとり。パン研究家も認めた味わいだ。

世田谷モチモチ食パンスペシャル
380円

何ともみずみずしい食感でインパクト大(写真は一部カット)

奥久慈卵のクリームパン
210円

濃厚な奥久慈卵を使った自家製カスタードはポテッとした口当たり。生地もふわふわで人気№1

ブーランジェリー ヌクムクの店舗情報

[住所]東京都世田谷区太子堂5-29-3 [TEL]03-6805-5411 [営業時間]8時~20時、カフェ8時半~18時(金・土は~20時)※ランチタイム有 [休日]月・第1・3・5火 [席]計16席(カフェ)/全席禁煙/予約可 [交通アクセス]東急田園都市線ほか三軒茶屋駅北口から徒歩8分

電話番号 03-6805-5411
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ。2軒隣にある姉妹店『トロパンサンドハウス』のフィッシュバーガーは、昆布〆したアジフライがユニーク。
更新: 2018-10-16 14:36:24
シニフィアン シニフィエ(パン/三軒茶屋)のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。数々の名店でシェフ・ブーランジェを務めた志賀勝栄シェフの店『シニフィアン シニフィエ 世田谷本店』。定番商品の小麦の配合などを見直し、より美味しさを極めた味を提案している。[住所]東京都世田谷区下馬2-43-11 1階
更新: 2018-11-12 16:04:01
スペシャリテはクロワッサン。そのはかなげな層はハラハラと口の中で崩れ、バターのリッチな香りが際立つ至高の逸品だ。
更新: 2018-10-15 18:41:38
ここは世田谷の小さなパリ。20代で渡仏して修業した『ブーランジュリー ボネダンヌ』店主の荻原さんが焼く本場仕込みの味が評判だ。
更新: 2018-10-13 12:00:00
店に入るや幸せ度MAX。目移りするほど彩り豊かなパンが迎えてくれる世田谷線きっての人気店だ。
更新: 2018-10-10 12:00:00
最新の投稿
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
明治21年に上野に誕生し、
喫茶店の原点と言われた
「可否茶館」。そこには書棚やビリヤード台が備えられていたという。
更新: 2019-04-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt