大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

十三は東口から出て徒歩で約10分。歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。 タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。


タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」


十三は東口から出て徒歩で約10分。

歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。

タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。

いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。


「タイではNOMSG!がステイタスになっています。
 昔はオーガニックが当たり前でしたが、近年はタイ料理も食品添加物を使用するお店が増えて、
 悲しいことに今ではステイタスになってしまった」(日本人オーナー)


オーナーが、青年海外協力隊を経てタイと交流を持つようになったのは約20年前のこと。

「ルーシーダットン」というタイヨガに興味を持って、免許を取得するため、タイには足繁く通っていたという。

それが今では、マリオットホテル出身のタイ人コックとともに、調理や接客まで切り盛り。

22時を過ぎても客入りは満席で、お客がひっきりなしにやって来る。

しかも、値段も手ごろ。

「春雨とシーフードのサラダ」は680円と安い。


タイの定番サラダのヤムウンセンは辛さ控えめで提供される。

もちろん、辛めにもオーダー可。



野菜はシャキシャキ。

ナンプラーの風味が実にイイ。

個人的には、タイ料理を食すには欠かせない料理である。

続いて注文した「カイヤッサイ」(680円)は女性に人気で、タイ唐辛子味噌で炒めた鶏ひき肉を卵焼きで包んだもの。


見た目もキュートなので、多くのお客さんが同メニューを注文していた。

「この店でいちばん好きな料理はココナッツスープ」とは、常連客。

「チキンのココナッツスープ」(900円)は、まろやかなココナッツの風味が食欲を倍増。


蓋をあけると、クリーム色というより白に近いスープがドーン。

蒸気とともに、ココナッツ風味が瞬く間に広がった。


タイハーブとココナッツミルクのスープは辛みが一切なく、生姜とレモングラスが甘みをさらに際立たせるアクセントとなっている。


おススメされただけあって、お酒を忘れてずっと飲んでしまうほどの旨さだった。

辛いものが苦手な人でもこの店のタイ料理なら、汗すらかかずに食べられるだろう。


Twochefs(トゥシェフズ)
[住所]大阪市淀川区十三東7丁目8-12
[TEL]06-6309-5554
[営業時間]11:30~14:30
      18:00~23:00
[定休日]月曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

加藤慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード


大阪 タイ料理

関連する投稿


大阪ローカル穴場メシ情報[30] 爬虫類と小動物に囲まれたバーダイニングで自慢の燻製を食べ三昧

大阪ローカル穴場メシ情報[30] 爬虫類と小動物に囲まれたバーダイニングで自慢の燻製を食べ三昧

近鉄河内山本駅から歩いて数分。タランチュラやサソリ、蛇やトカゲを見ながら食事が楽しめる爬楽空間が、バーダイニングの「BRAND NEW ZONE」。 同店の名物は燻製で、なんと19種類もあるのだ……。


大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪は八尾市との境にある加美駅から約500m。 父はもともと寿司職人。息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ親子がタッグを組んだ、新スタイルのビストロがある……。


大阪ローカル穴場メシ情報[28] コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!

大阪ローカル穴場メシ情報[28] コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!

煌びやかな道頓堀を過ぎ去り、向かったのは大阪は日本橋駅から徒歩数分にある「からから亭千日前店」。 観光客は滅多に来ない場所にある、昔ながらの風情が味わえると評判の焼肉屋なんや。


大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!

大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!

昔からミナミの“遊び人”によく知られている日宝ファインビル。バーや小料理屋など、このビルで経営するオーナーは実に個性的だったりする。そんななか、餃子専門店「イチロー心斎橋店」は、中国語なまりの関西弁を話す女将の翁麗芳(オウレイホウ)さんが1人で切り盛り。深夜になると満席で入れなくなる、有名店なんや!


大阪ローカル穴場メシ情報[25] 女子会で大人気! 炭焼き肉バル「Buff」でリブロースに舌鼓!

大阪ローカル穴場メシ情報[25] 女子会で大人気! 炭焼き肉バル「Buff」でリブロースに舌鼓!

肉好きが高じると、肉本来の噛み応えもあって風味や旨みを存分に感じられる、実にアメリカ的なステーキを食らいつきたくなる。 そんな人に適したお店は、炭焼きの肉バル「Buff(バフ)」。 この4名以上の女性グループには、料理と飲み放題がついて3500円の「Buff girl's Party plan」が大人気なのだ……。


最新の投稿


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


一見の価値あり!麗しすぎる「ばらちらし寿司」!板橋『鮨彦』

一見の価値あり!麗しすぎる「ばらちらし寿司」!板橋『鮨彦』

車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。


東京都内【食べ放題】コスパが良くて美味しい!おすすめ8選

東京都内【食べ放題】コスパが良くて美味しい!おすすめ8選

グルメライターが厳選した食べ放題のおすすめ店を、定番から変り種までご紹介!卵、寿司、蕎麦、唐揚げ、海鮮など、大人から子供までみんなが満足できるグルメ情報を集めました。


ランキング


>>総合人気ランキング