MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

十三は東口から出て徒歩で約10分。歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。 タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。

タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」


十三は東口から出て徒歩で約10分。

歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。

タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。

いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。


「タイではNOMSG!がステイタスになっています。
 昔はオーガニックが当たり前でしたが、近年はタイ料理も食品添加物を使用するお店が増えて、
 悲しいことに今ではステイタスになってしまった」(日本人オーナー)


オーナーが、青年海外協力隊を経てタイと交流を持つようになったのは約20年前のこと。

「ルーシーダットン」というタイヨガに興味を持って、免許を取得するため、タイには足繁く通っていたという。

それが今では、マリオットホテル出身のタイ人コックとともに、調理や接客まで切り盛り。

22時を過ぎても客入りは満席で、お客がひっきりなしにやって来る。

しかも、値段も手ごろ。

「春雨とシーフードのサラダ」は680円と安い。


タイの定番サラダのヤムウンセンは辛さ控えめで提供される。

もちろん、辛めにもオーダー可。



野菜はシャキシャキ。

ナンプラーの風味が実にイイ。

個人的には、タイ料理を食すには欠かせない料理である。

続いて注文した「カイヤッサイ」(680円)は女性に人気で、タイ唐辛子味噌で炒めた鶏ひき肉を卵焼きで包んだもの。


見た目もキュートなので、多くのお客さんが同メニューを注文していた。

「この店でいちばん好きな料理はココナッツスープ」とは、常連客。

「チキンのココナッツスープ」(900円)は、まろやかなココナッツの風味が食欲を倍増。


蓋をあけると、クリーム色というより白に近いスープがドーン。

蒸気とともに、ココナッツ風味が瞬く間に広がった。


タイハーブとココナッツミルクのスープは辛みが一切なく、生姜とレモングラスが甘みをさらに際立たせるアクセントとなっている。


おススメされただけあって、お酒を忘れてずっと飲んでしまうほどの旨さだった。

辛いものが苦手な人でもこの店のタイ料理なら、汗すらかかずに食べられるだろう。


Twochefs(トゥシェフズ)
[住所]大阪市淀川区十三東7丁目8-12
[TEL]06-6309-5554
[営業時間]11:30~14:30
      18:00~23:00
[定休日]月曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
しょんべん横丁にあった「トンキ」は、火災から見事復活。名物の焼きとんがなくなったが、もう一つの名物、餃子は今も健在だ。 「ギョウザ」(300円)はにんにく抜き。パンチがないと思いきや、ニラで十分の風味があって実に優しい味わいだ……。
更新: 2019-02-26 16:05:00
もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。
更新: 2019-02-15 16:10:00
十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。
更新: 2019-02-06 16:05:00
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt