MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)

[プチ文壇バー 月に吠える] のグルメ記事と写真(バー/新宿ゴールデン街)

プチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)[アクセス]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分

プチ文壇バー月に吠える(最寄駅:新宿駅)

どなたさまもいらっしゃ~い!日本一敷居の低い文壇バー「プチ文壇バー月に吠える」

 大人になって随分たつので、入れない店はないと思っていたけれど、まだ壁はあったのだ。 それが文壇バー。本好きとしては興味津々だけど、ベルリンの壁(昭和!)のごとくとっかかりが見つからない。そんな迷える素人を受けて入れてくれるプチ文壇バーが、新宿ゴールデン街にあると聞いてやって来た。

 外見はいたって普通。うん、これなら大丈夫。「超敷居の低い文壇バー」って書いてあるし(笑)。とはいえ、こじらせ系のお客に「好きな作家とその理由を500字以内で述べよ」とか言われたらどうしよう…などと妄想を膨らませつつドアを開いた。カウンターだけの店内には、文庫本がズラリと並んでいるものの、20~30代のお客さんが普通に飲んでいて、明るく健康的な雰囲気だ。

 ジャーナリストでもあるオーナーの肥沼さんはシャイな草食男子風。店に立つスタッフは日替わりで、その日によって雰囲気もガラリと変わるそう。ちなみに日曜日はアメリカ人の牧師がやる牧師バーなんだそうだ。「本について気軽に語れる場所を作りたくて」と肥沼さん。人気があるので実は2軒目もオープン予定とか。テーマは“本と猫”。平成版文壇バーはオヤジよりも乙女にウケそうである。

右の肥沼さんが手に持っているのは著書。左はスタッフのアリマさん

プチ文壇バー月に吠えるの店舗情報

東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り ☎080-8740-9958 [営]19時~翌2時、日・祝18:00~24:00 [休]不定休、年末年始 [席]カウンター8席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、チャージ500円 [交]JR線ほか新宿駅東口から徒歩5分

電話番号 080-8740-9958
2016年1月号発売時点の情報です。

[新宿ゴールデン街]関連記事

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-04-03 18:00:00
 2018年6月上旬、日本橋界隈がざわついた。あの『はせがわ酒店』が初の飲食併設店舗を福徳神社の裏にオープンさせたのだ。
更新: 2019-04-02 18:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt