MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
どっちが旨い!?【カツ丼】関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!

どっちが旨い!?【カツ丼】関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!

自他ともに認めるカツ丼ラヴァーの牧元氏が今回取り上げたのは、東京が発祥と言う注目の味。かたや門上氏からは、いかにも西らしい上品さを湛えた京都の“重”が提案され……はてさて結果は、両者大満足!文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)

今回のお題【カツ丼】

【東】マッキー牧元 カツレツ丼 奏す庵の「特製カツレツ丼」

 門上様、今回は東京発祥のカツ丼です。一説によると元祖は早稲田の某そば屋の玉子とじカツ丼とされていますが、それに影響を与えた真の元祖が、同じ地にあったのをご存知ですか?

 福井にある『ヨーロッパ軒』は、大正2年に料理発表会でソースカツ丼を披露した高富増太郎が、早稲田に店を構えたのが発祥。人気を得たのですが、関東大震災で被災します。そこで彼は、故郷の福井に帰って、店を再建するのです。


 その元祖カツ丼が、百数年ぶりに東京に戻ってきました。この味を愛するオーナーが、敬意を込めて発祥の地へ店を開いたのが、今回の『奏す庵』。

 蓋を開ければ、ソース色に染まったカツが現れ、ソースの匂いが鼻をついて、唾を飲み込ませます。

 そのソースが素晴らしい。なんとあの、『旬香亭』古賀シェフが作ったソースなのです。その味は丸く優しく、カツを持ち上げながらも下品の迫力もあって、御飯を猛然とかき込ませるのです。

 カツは、食いちぎる喜びがある厚カツが2枚に、ソースの旨みを味わう薄カツが3枚という構成で、飽きさせません。御飯に味噌汁、お新香も上等で、一点の曇りもない。

 卵とじカツ丼が主流の東京に、新たな歴史を刻もうというこの気概を、食べに来られませんか。

巴のようにぐるりと囲むカツの花。見た目、味わい、食感もハイレベルな〈東京カツ丼〉

▲特製カツレツ丼 980円
最新のフライヤー導入により、
油分の吸着を約半分に抑えられたという、胃もたれなしのカツ丼。1日おきにご来店される80代ご夫人もいらっしゃるとか!「 なにより蓋つきの丼で供されるというのがいい。蓋を閉める即ち、客の期待も籠めるという丼文化を、きっちりと継承しています」(牧)

カツレツ丼 奏す庵
[住所]東京都新宿区早稲田鶴巻町555-19
[TEL]03-6302-1648 
[営業時間]11時~15時、17時~21時
[休日]水、年末年始 
[席]カウンター13席のみ カード不可/予約不可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄東西線早稲田駅1番出口から徒歩6分、
有楽町線江戸川橋駅2番出口から徒歩9分

【西】門上武司 とんかつ処 勝裕の「かつ重 ロース」

 牧元さん、カツ丼悩みました……。

 というのは、関西人にとってカツといえば、ビフカツです。しかしカツ丼となれば、一般的にはトンカツとなります。ここはビフカツ丼で勝負に出ようかと、数店のメニューを思い浮かべたのですが、軒数が少なくやはりトンカツにしました。

 実は数年前、カツ丼漫遊記という企画を立て、全国のカツ丼を食べ歩いたことがありました。

 卵とじ、ソース、ドミグラスなどこれまたバリエーションがあるのですが、その中から結果、大好きなとんかつ屋のかつ重となりました。

 京都の『とんかつ処 勝裕』のかつ重です。

 豚は山形県の三元豚を使用。ヒレとロースのチョイスですが、今回は脂身も楽しみたいのでロースとしました。

 パン粉はやや粗め。「油のキレが良いんです」とご主人の田中裕二さん。純正植物油でサクッと揚げたところを、卵でとじる。少しゆるめの半熟状態の卵とダシとカツ、そしてご飯が一体となって、雅なかつ重の完成となります。

 この塊をかきこむのが醍醐味です。京都のカツ丼、牧元さんいかがですか?

サクッと揚がったとんかつにとろりと絡む半熟卵。計算された味わいを大胆にかきこむ至福の時。

▲かつ重 ロース 900円
「ロース肉をサクッと揚げる。パン粉のサクサク感を感じながらも、卵との出合いに感激します。淡路島産の玉ねぎの甘さも、このかつ重のアクセントとなっています。ダシも、もちろん鰹と昆布で抽出。細やかな気遣いが味を決定つけるのです」(門)

とんかつ処 勝裕
[住所]京都市下京区西七条南月読町97
[TEL]075-313-0303
[営業時間]11時半~15時、17時半~21時
[休日]木
[席]テーブル18席、カウンター7席/計25席カード不可/予約可/サなし
[交通アクセス]京都市バス西大路七条から徒歩3分、
JR東海道本線西大路駅から徒歩12分

プロフィール

マッキー牧元/タベアルキストを自称して早30年、ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく、各誌への寄稿に励むコラムニスト。東の食雑誌『味の手帖』編集主幹でもある。

門上武司/小誌でもおなじみの、あらゆる食情報に精通している西のグルメ王。食関連の執筆・編集を中心に、各メディアに露出多数。関西の食雑誌『あまから手帖』の編集顧問も務める。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt