MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

『盛る』といったら、SNSにアップする写真でも、アイメイクでも、面白い話でもない。『盛る』といったら白飯だろ。そんな白いご飯至上主義のおっさん女子とは私のこと。ウキウキの新米の季節が到来したので、今回は吉祥寺の店のごはん大盛問題を考えてみようと思います……。

新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件


『盛る』といったら、SNSにアップする写真でも、アイメイクでも、面白い話でもない。

『盛る』といったら白飯だろ。

そんな白いご飯至上主義のおっさん女子とは私のこと。

ウキウキの新米の季節が到来したので、今回は吉祥寺の店のごはん大盛問題を考えてみようと思います。


まず、私にご飯のグラム数問題を提起してくれた店をご紹介しましょう。

それは末広通りにある博多うどんの店『 I 』です。

ギャンブラーみたいな破れかぶれみたいな店名のあそこね。

ある日の私が博多風カツ丼をオーダーしたところ、店のお兄さんが『ウチのカツ丼は、こだわりがあって……。

ご飯が300gなんですけど、大丈夫ですか?』と聞いてきた。

300gのこだわり……。

300g……。

300gがうまくイメージできなかったが、白いご飯大好きな私は『たぶん大丈夫です』と言ってみた。

結果的に完食はしたが、300gは、私には厳しい……、という指針ができたのであった。

カツ丼は美味しかった。しかしごはん300gに気を取られ、何が博多風なのかは、わかりませんでした。

たぶん出汁だと思いますが……。

基本、ここは、うどん屋さんだし。


それ以来、ご飯のグラム数に敏感な私である。

イラスト/スタジヲワンツー


さらにある日、中道通りをぐんぐん三鷹方面に20分ほど歩いたところにある、地元民に愛される定食屋『Kっちゃん』に入ったおっさん女子……。

私の習性としてレバニラ定食(連載58回参照)を頼んでみたが、ここは、ご飯300gがデフォルト。

慌てて、料金同一の、ご飯ハーフ盛りのサラダセットに変えた私。

しかしハーフでも150gですよ……。

そして、大盛無料で450gまで盛れるんですよ……。

近くの某大手企業や地元の人でお昼時は賑わっている人気店。

肉野菜炒め定食や餃子定食も美味しいです。

1000円でおつりがくる定食のラインナップ。

ただ、ぼんやりしている人(私です)は、ごはん300g設定を忘れるので危険です。

ちなみに連載38回で紹介したオーガニック定食屋の『M』は、男性220g、女性150gというご飯設定。

この感覚が、なんとな~く世間の常識かと思いますが……。

ちなみにコンビニのおにぎり1個が100g前後です。

そして、連載49回のハンバーグ屋『H』のランチは、ご飯1ポンド(450g)まで無料……。

まだまだある! 吉祥寺で『盛り』にこだわる飲食店……!?


だが、ご飯の盛りに吉祥寺イチこだわっているのは、おっさん女子調べでは、隠れ家的和食屋の『 I 』である。

ヨドバシ裏の卓球酒場の2Fのあそこ。

この店のランチど真ん中の時間帯は、4~5人のグループ客が多く、社員食堂のように活気があって、ちょっと時間を外すとおひとり様が淡々と飯を食う……。

そんなナイスな店で、私のお気に入り。

相席上等で、本当にシンプルで社員食堂のような作りです。

ここのゴハン設定は細かい。

ランチの定食のごはんは、小200g、普通230g、中260g、大300gと刻んでおります。

普通230gとなっていますが、これはおそらく男性基準とおもわれます。

定食は基本大盛無料ね!

しかしですね、『 I 』のカレーはちょっと話が別なのよ。

小350g、普通400g、中500g、大600g。

ちなみに中・大は+50円ね! 

しかし600gって、600gって……。

600g!

ごはん大好きでも、食えねえよ、600g。

しかし、育ち盛り、食べ盛りの男子は、これくらい食べるんでしょうか?

カレーは定番で、チキン南蛮カレー、煮豚カツカレー、ササミカツカレーの3種類あって、私はササミカツカレーを推しますが、そんなことより、ご飯のグラム数を決めるほうが大仕事だよ。

ちなみにこのお店は、ランチメニューが豊富で、豚、鶏、牛、カレー、麺、丼ものなどなど……。

基本的に650~800円でランチが収まります。

しかし、そんなことより、ご飯のグラム数が……。


そんななか、吉祥寺の最強は、連載29回で紹介した中華屋『R』だな。

盛ろうと思えば、自分で炊飯ジャーの蓋を開けて、いくらでも盛れる……。

盛り放題……。

敗北感すら感じる、ごはんを盛れる店……。


しかし、私はいくら盛っても250gくらいが限界だと己を知りました。そんな初秋……。

以上、白飯好きの人はチェックしてね!

たぶん腹いっぱい食べられると思います……。

イイか、悪いかは別として……。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。
更新: 2019-05-10 16:00:00
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt