MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

吉祥寺はとんかつ砂漠……。なんでもあるように見えて、実はとんかつが弱い……。しかも追い打ちをかけるように昨年、人気のとんかつ店『あおば』が閉店してしまったのでした。一方、なぜか牛カツの店が続々とできて、なんだかねぇ……。現状、吉祥寺でとんかつを食べる場合は、二択です。これは本当に二択しかないのです。ガチだよ、ガチ! 

とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件


吉祥寺はとんかつ砂漠……。

なんでもあるように見えて、実はとんかつが弱い……。

しかも、追い打ちをかけるように昨年、人気のとんかつ店『あおば』が閉店してしまったのでした。

一方、なぜか牛カツの店が続々とできて、なんだかねぇ。

来年、存在してるの? という気持ちになったおっさん女子です。

牛カツは、すでに閉店している店もあるけど。


話を戻してとんかつですが、現状、吉祥寺でとんかつを食べる場合は、二択です。

これは本当に二択しかないのです。

ガチだよ、ガチ! 

ガチで二択(笑)。


イラスト/スタジヲワンツー


まず選択肢のひとつは、東急吉祥寺デパートの『K』。

ここは、京都に本店がある比較的上品系のとんかつ屋です。

あと高いですね。

ランチでも定食は2000円オーバーかな。

しかも、年配の人でいつも混んでいます。


そうなると、もう一択が気になるところですが、『Bとん』です。

地元民なら即答でしょう。

もうここしかないっ。

『Bとん』は連載第6回で紹介した広東料理の『S』の斜め向かい、そして連載第41回の昭和なラーメン屋さん『S』の斜め向かいにあるんです。

ここは、吉祥寺を代表する“昭和フロア”といってもいいかもしれない充実度だ! 

しかも入れ替わりの激しい吉祥寺で、超安定の飲食店です。


『Bとん』のとんかつは、ランチ時はリーズナブルなカツ定食があるのですが、仕様が夜と違うので、おっさん女子的には晩御飯推奨です。

夜は価格もちょっと高め。

1500円くらいで収まる感じです。

1000円では収まらないね。

ここのとんかつの特徴は、衣が薄く、かなりよく揚げてあるサクサク系です。

一口大に切って出してくれるので食べやすいですが、油ギッシュなガッツリ系のとんかつが好きな人にはものたりないかもしれません。

でも美味しい。

ちなみに基本のとんかつソース以外に、ウスターソースも常備。

ちなみに私は『Bとん』では、ロース+ウスターソース派ですが、ロースでも比較的あっさりと頂けるのがポイントだ。

ちなみにダメなとんかつ屋に入ってしまうと、全力で衣をはがして食べたくなるおっさん女子ですが、そんな衝動が微塵も起きない、おいしいとんかつです。

なにげに、定食についている豚汁も美味しいよ。


そんな吉祥寺のとんかつ砂漠ですが、実は裏技があります……。

吉祥寺パルコ裏にある『T』。

巨人や卵焼きと一緒に語られる、伝説の強い横綱の名前ね! 

ちなみに海鮮系のランチが人気の居酒屋です。

ここは超昭和テイストの店で、BGMはなぜか琴をフューチャーした和風ミュージック……! 

現在、吉祥寺には1店舗のみだが、昔、とんかつに特化した店舗もあったのよ。

その名残なのか、ランチにとんかつ定食が密かにラインナップ! 

ヒレカツ、ロースカツ、カツカレー、ジャンボチキンと、カツが充実。

どれも1000円でおつりがくるリーズナブルさ! 

ちなみにプチデザート&コーヒーもついてコスパも高いです。

私は『T』で食べるならヒレカツ押しですが、どれを頼んでもお腹は満足だ!







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。
更新: 2019-05-10 16:00:00
中華屋に行くと、反射的にレバニラ炒めを頼むおっさん女子とは、私のことですが、今回は、レバニラなどという庶民的なメニューがない、中華料理のお店を紹介しようと思います……。 いわゆる「本格中華」という感じの店、ですね!
更新: 2019-05-03 10:30:00
最新の投稿
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
酒の肴と呼ぶにふさわしい料理の数々が壁の品書きに並び、それを眺めているだけでも楽しい『タキギヤ』。主人の小林さんはその日仕入れた食材を、奇をてらわない料理に仕立てる。
更新: 2019-06-15 12:00:00
京急・大森町駅前から細い路地を入った奥に鎮座する、女将さんがひとりで切り盛りする小体なこの店は、なんといっても「国産ひな鶏の素揚げ」が名物!
更新: 2019-06-14 16:30:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt