MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた! 来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ……。

外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)


大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた!

来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。

最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ。


「ホンモノの中華で勝負したいのでぜひ来てほしいとラブコール。
当店では餃子のタネまで手作りですが、金額をできるだけおさえて、女性にも入りやすい料理と雰囲気を心掛けたんです」(店長)

名物の餃子は種類も豊富だ。

「焼き餃子」(350円)や「パクチー餃子」(350円)、「大葉餃子」(350円)、「ラム餃子」(350円)に加え、「チーズ餃子」(450円)や「フォアグラ餃子」(600円)、「トリュフ餃子」(600円)がある。


餃子はそのまま食すのがベター。

パクチーやトリュフなどと合わさったタネの風味が直に感じられる、控えめな味わい。

肉や野菜本来の旨みを味わったあと、追いかけるように大葉やフォアグラがやってくる。

だからこそ、タレは必要ないのだ。

さらに驚いたのが「PAO²のスペアリブ」(1280円)。

四川の名物は「毛沢東のスペアリブ」。

当時の主席だった毛氏がこよなく愛した料理だ。

それを再現したのが、同店のスペアリブ。

肉をいったん炊き、柔らかくする間に下味もつける。

ていねいに揚げたスペアリブは、外は驚くほどパリパリ。

肉は柔らかくて実に繊細だ。

どうやって作っててんねん!? とホンマに驚くばかりやで。

スペアリブでありがちな骨の周りの肉も硬くない。

スジ肉までキレイに食べられる。


四川定番の麻婆豆腐も忘れてはいけない。

お好みで辛さを調整できる「痛風麻婆豆腐」(980円)は、5段階の辛さで一番辛い5を注文。

いざ試食した。

山椒の辛さとラー油で、唇までヒリヒリ。

辛くても旨いから箸がどうにも止まらなくなる。

麻婆は牡蠣とあん肝、白子入り。

これがまた、よく合うねんな。


そして、この日のメインデッシュ。

「フカヒレうにしゃぶ鍋」(2480円)の登場や! 

うにベースの出汁で、フカヒレをしゃぶしゃぶするという贅沢三昧の鍋だ。



フカヒレは火が通っているので煮込まなくてもOK。

少し柔らかくなる程度にしゃぶしゃぶしゃぶ……。

うに出汁の風味が鼻を突きぬけて、シャキシャキとしたフカヒレの特徴的な味わいも堪能できる。


この贅沢鍋。

チンタオビールとよくマッチする!


今宵のメシも、長くなりそうだ……。



PAO²(パオパオ)
[住所]大阪市北区堂山町5-16
[TEL]06-6311-6538
[営業時間]11:30~23:30
[定休日]なし





加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
しょんべん横丁にあった「トンキ」は、火災から見事復活。名物の焼きとんがなくなったが、もう一つの名物、餃子は今も健在だ。 「ギョウザ」(300円)はにんにく抜き。パンチがないと思いきや、ニラで十分の風味があって実に優しい味わいだ……。
更新: 2019-02-26 16:05:00
もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。
更新: 2019-02-15 16:10:00
十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。
更新: 2019-02-06 16:05:00
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt