MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
駅チカの絶品立ち食い寿司!東京都内おすすめ4選

駅チカの絶品立ち食い寿司!東京都内おすすめ4選

グルメライターが東京都内の[駅チカの寿司]を実食レポート・気軽に入れて、1貫ずつ好きな量だけ食べられる。江戸時代の屋台寿司を思わせる立ち食い寿司こそ、寿司の原点といえよう。都内を中心に調査した結果、都内の駅チカ店に良店が多いことが発覚。粋に食べられる4軒はココだ!撮影/鵜澤昭彦(まぐろ人) 取材/赤谷まりえ

旨い立ち食い寿司は"駅チカに集中"の法則

 立ち食い寿司はエラい! 時間をかけずに、旬の魚を食べたいだけ食べて、ササッと帰れる。回転寿司ほどメニューが多過ぎないのもまた良し。

 とはいえ、店の選定にはなかなか苦労……。ネタがバツグンでも、シャリの力不足でまとまりが完全にバラバラの店や、まずくはないが記憶に残らない個性足らずな店もちらほら。『まぐろ人 御徒町出張所』は、寿司激戦区・上野の人気店の中で、立ち寄りやすさと寿司の上等さがベストバランス。

まぐろ人 御徒町出張所(御徒町駅から徒歩2分)

立ち食い店とは思えない美しい握りが安価でしっかり味わえる

“ 立ち食い”の軽いイメージとは裏腹に、寿司の表情は高級店と十分に張り合える美しさ。たとえ満席でも、注文するやいなやあっという間に目の前に寿司が鎮座し、ササッとありつける。サイズがやや小ぶりに感じるかもしれないが、新鮮なネタと口中でほろりとほどけるシャリが、最高のバランスだ。つまみや小鉢は、脇役とあなどれない旬のメニューが260円から揃う。

▲つぶ貝 230円、いわし 170円、カツオ 140円、こはだ 170円、金目鯛 290円、のどぐろ 290円、カマス 200円、中トロ 230円

店舗情報

写真:まぐろ人 御徒町出張所の店内


[住所]東京都台東区上野6-3-7 
[TEL]03-3831-3876 
[営業時間]11時45分~15時、16時半~22時(21時15分LO)、土・日・祝11時45分~22時(21時15分LO)※ランチタイム有 
[休日]無休
[席]スタンディング9席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[交通アクセス]JR山手線ほか御徒町駅北口から徒歩2分

『根室花まる』では、臭みを感じないぶ厚い北海ネタに、新鮮な魚を味わう喜びを久々に思い出した(しかも安い!)

立食い寿司 根室花まる(銀座駅から直結)

根室産や網走産、北海こだわりの味を堪能

 「東急プラザ銀座」の10階には、同店の回転寿司が入り平日でも大行列。地下2階の立ち食いは、平日なら並ばずに入れる可能性大。1貫100円~ 330円の手頃な価格帯だが、驚くほど活きのいいネタにびっくり。根室海峡産の“時知らず”などのレアネタの入荷も随時あり、目が離せない店だ。

▲本鮪とろ 330円、味わいたらこ 194円

店舗情報


[住所]東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座地下2階 
[TEL]03-6274-6771 
[営業時間]11時オープン~23時クローズ ラストオーダーは22時 ※ご案内の終了は混雑具合を考慮して決めており、21時30分前後にはご案内を終了させていただいております
[休日]不定休(施設に準ずる)



『恵み』『にぎにぎ一』は、それぞれマグロの提供や天然地魚にこだわる。
両店とも1貫100円からという安さで超まっとうな魚が即味わえる、都心では貴重な店だ。

立ち寿し 恵み 神田店(神田駅から徒歩1分)

マグロ仲卸問屋経営の良心店

2017年7月12日開店。築地のマグロ仲卸業者が直営し、大間のマグロなどを驚きの価格で提供する。仲卸のパイプの強みで、格安寿司の「安かろう悪かろう」のイメージを覆す。滑らかな舌触りのマグロの他、ウニ(200円)の新鮮さにも脱帽。

▲大間産 生まぐろ 150円(1貫)、赤身 100円(1貫)

店舗情報


[住所]東京都千代田区鍛冶町2-13-1
[TEL]03-5256-7721
[営業時間]11時~22時半(22時LO)※ランチタイム有
[休日]日・祝 



日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館(日本橋駅から徒歩1分)

天然の地魚のみにこだわった寿司ネタ

日本前寿し にぎにぎ一 八重洲本館では1貫100円~の価格帯に関わらず、ネタのほぼすべてに国内の漁場で採れた天然地魚を使用している。養殖魚を一切使わないためネタと価格は日々変動するが、日本中の珍しい地魚を堪能できる。

▲かつお 100円、あおりいか 100円、きびれ(黒鯛の一種) 100円、天然本まぐろ赤身 200円

店舗情報


[住所]東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル地下1階
[TEL]03-3527-9946
[営業時間]ランチ11時~14時半LO、ディナー17時~23時(22時半LO)、土ランチ11時~14時半LO、ディナー17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有
[休日]日

 この4店舗はいずれも駅チカで徒歩2分圏内というアクセスの良さ! 移動中にパッと寄れ、“ファストフードとしての寿司”という原点を実感できる、立ち食い寿司巡りでありました。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメライターが調査した「新宿エリア」の旨い寿司屋の中から、特におすすめしたい情報を厳選してまとめました!食べ放題からカウンターで少し高級感を味わえるお店まで多種多様!予算やシーンに応じてご利用ください!
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
11950views 東京都 寿司特集
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
寿司屋といえば、忘れてならないのが“寿司前”。刺身はもちろん、煮物、揚げ物といった一料理たちを、こだわりの酒でまずは楽しむ。そして〆には端正な握り。そんな盃も貫も進んでしまう秀逸店も探し出してきました!
16102views 東京都 寿司特集
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt