埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。


GRILL & BEER SAIBOKU(最寄駅:本川越駅)

ドイツで高評価を得るハムやソーセージをクラフトビールと堪能

来場者数は年間400万人を誇る。その“サイボク”が初の直営レストランを開店した。 本場ドイツの国際食品コンテストで19年連続金メダルを受賞した「ゴールデンポーク」のハムやソーセージを中心に提供する。例えば、ソーセージ。特注の石窯を使って焼き上げられ、噛めば肉汁がジュワリ。それに合わせるのは、クラフトビール。「スプリングバレーブルワリー」の生をはじめ、6種用意。「料理とのマッチングを楽しんでほしい」(沼崎政和店長)と、オススメのペアリングをメニューに表記するほどの気合いの入れようだ。至福の時間をぜひ。

本日のグリルソーセージ盛り合わせ (2~3人前)1980円 496(IPL) 680円

「ポークソーセージ」や、カツオダシと白ゴマで味付けした「和風フランクあらびき」など5種。石窯で焼く野菜とともに。「496」は生で供されるクラフトの一種

本日のハム盛り合わせ5種 1300円

いずれも繊細な肉質だが、ロースからサラミまで味の薄い順に食べ進めると、味の違いがよりわかる。まずはそのまま、次にオリジナルマスタードなどをつけて

ゴールデンポークの 石窯ジューシーローストポーク お1人用カット(100g) 1200円

同店限定メニュー。石窯で長時間焼いてじっくり火を通したポークは歯がスッと入るほど柔らか。脂とのバランスが秀逸だ。シェアカット350g(3200円)も

骨付きスネ肉焼き、スモークハツのサラダ 1980円、680円

醤油ベースのタレに漬け込んだスネ肉は表面パリッ、中ふっくら。サラダは、スモークハツがシャクッとした食感。特製イタリアンドレッシングとも合う

GRILL & BEER SAIBOKUの店舗情報

[住所]埼玉県川越市新富町2-1-4 ヤマダビル2階 [TEL]049-299-7186 [営業時間]11時~15時(14時LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]西武新宿線本川越駅東口から徒歩3分

電話番号 049-299-7186
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


川越のバー『ききざけ処 昭和蔵』

川越のバー『ききざけ処 昭和蔵』

国内の日本酒生産量上位といえば、兵庫、京都、新潟。それらに次ぐのが埼玉というのをご存知だろうか。


本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

本郷三丁目のラーメン『中華蕎麦にし乃』

ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。


神田のパスタ・ピザ『BIGOLI 神田 寿』

神田のパスタ・ピザ『BIGOLI 神田 寿』

とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。


気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。


人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッドは阿佐ヶ谷にあり!

人気家系ラーメン桂家と武蔵家のハイブリッドは阿佐ヶ谷にあり!

横浜家系 志田家(ラーメン/阿佐ヶ谷)|専務の神田寛之さんは、昨年10月に閉店した伝説の名店『桂家』で最後まで厨房に立っていた人物。人気店『武蔵家』で修業した経歴もあり、東京を代表するふたつの家系ラーメンのいいところを融合させている。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング