MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。

GRILL & BEER SAIBOKU(最寄駅:本川越駅)

ドイツで高評価を得るハムやソーセージをクラフトビールと堪能

来場者数は年間400万人を誇る。その“サイボク”が初の直営レストランを開店した。 本場ドイツの国際食品コンテストで19年連続金メダルを受賞した「ゴールデンポーク」のハムやソーセージを中心に提供する。例えば、ソーセージ。特注の石窯を使って焼き上げられ、噛めば肉汁がジュワリ。それに合わせるのは、クラフトビール。「スプリングバレーブルワリー」の生をはじめ、6種用意。「料理とのマッチングを楽しんでほしい」(沼崎政和店長)と、オススメのペアリングをメニューに表記するほどの気合いの入れようだ。至福の時間をぜひ。

本日のグリルソーセージ盛り合わせ
(2~3人前)1980円 496(IPL) 680円

「ポークソーセージ」や、カツオダシと白ゴマで味付けした「和風フランクあらびき」など5種。石窯で焼く野菜とともに。「496」は生で供されるクラフトの一種

本日のハム盛り合わせ5種
1300円

いずれも繊細な肉質だが、ロースからサラミまで味の薄い順に食べ進めると、味の違いがよりわかる。まずはそのまま、次にオリジナルマスタードなどをつけて

ゴールデンポークの 石窯ジューシーローストポーク
お1人用カット(100g) 1200円

同店限定メニュー。石窯で長時間焼いてじっくり火を通したポークは歯がスッと入るほど柔らか。脂とのバランスが秀逸だ。シェアカット350g(3200円)も

骨付きスネ肉焼き、スモークハツのサラダ
1980円、680円

醤油ベースのタレに漬け込んだスネ肉は表面パリッ、中ふっくら。サラダは、スモークハツがシャクッとした食感。特製イタリアンドレッシングとも合う

GRILL & BEER SAIBOKUの店舗情報

[住所]埼玉県川越市新富町2-1-4 ヤマダビル2階 [TEL]049-299-7186 [営業時間]11時~15時(14時LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]西武新宿線本川越駅東口から徒歩3分

電話番号 049-299-7186
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
スワンレイクパブ エド八重洲店(ビアバー/東京駅)の特徴は、新潟の自然豊かな環境と清らかな名水で醸造されるスワンレイクビール。そのパブスタイル第1号の直営店がココだ!
更新: 2018-12-03 14:24:02
グランルーフ2階のペデストリアンデッキでひと際目を引くのが、今や世界的に名を馳せる「常陸野ネストビール」のパブだ。常時12種類のドラフトを揃えるなかで、ぜひ飲んで欲しいのが東京駅限定醸造の1杯。
更新: 2018-12-20 18:05:44
天井が高く開放感がありながらも落ち着いた雰囲気のブルワリー。1/3パイントは378円から提供しており、3サイズを展開。
更新: 2018-06-20 18:00:00
中野エリアのビアバー「ビアバー 麦酒大学」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。昭和版と平成版2基のサーバーから注ぎ分けされるビールの味に驚愕!注ぎ方でビールの味がこれほど変わるのか! と驚愕すること必至。ここは日本で唯一、キリンラガービールを10種類以上に注ぎ分けて飲ませてくれる店なのだ。
更新: 2018-09-23 08:06:15
函館の地ビール第1号のこちらは昨年で満20年。ビール工場併設でカウンターからテーブル、テラス席まで席数も多い中で地ビールを満喫できる。
更新: 2018-03-14 22:00:00
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt