名古屋『㐂らくや』のとんかつは柔らかさとしっかりとした旨みに驚愕!

名古屋『㐂らくや』のとんかつは柔らかさとしっかりとした旨みに驚愕!

ホテル内の日本料理店などで修業した店主の浅野将典さんが昨年1月に開店させた。「熟成ひれかつ定食」(1700円)は、低温熟成させた愛知県産の銘柄豚、あいぽーくを使用。


㐂らくや(最寄駅:東別院駅)

低温熟成による柔らかさとしっかりとした旨みに驚愕!

ヒレ肉とは思えないほどしっかりとした旨みがあり、ほのかな甘みも感じる。卓上のソースや醤油、岩塩などで食べても旨いが、八丁味噌をはじめ数種類の味噌をブレンドした「味噌たれ」(100円)で味の変化をつけるのがオススメだ。

熟成ひれかつ定食 1700円+味噌たれ 100円※夜は税別

ご飯と味噌汁、小鉢、香の物が付く。ご飯とキャベツ、味噌汁のおかわりは自由。夜はおつまみ類も充実していて、「熟成ひれかつ」は1個(50g)350円。「熟成ひれ串かつ」は150円。あいぽーくの低温熟成ロースを使った「熟成ロースかつ定食」(1650円)も人気だ

お店からの一言

店主 浅野将典さん

「あいぽーくの美味しさには自信があります!」

㐂らくやの店舗情報

[住所]愛知県名古屋市中区富士見町11-15 パールハイツくれない2階 [TEL]052-322-8351 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、17時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]火夜 [席]計42席/11時~14時は全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場5台/サなし [交通アクセス]地下鉄名城線東別院駅4番出口から徒歩3分

電話番号 052-322-8351
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


勢いよくハミ出したサクサクしっとりロースカツを四ツ谷で堪能!

勢いよくハミ出したサクサクしっとりロースカツを四ツ谷で堪能!

卵の布団から勢いよくハミ出したロースカツ! 荒木町で60年続くとんかつ屋『とんかつ鈴新』の“かけカツ丼”だ。


名古屋の老舗洋食店で名物“焼きとんかつ”

名古屋の老舗洋食店で名物“焼きとんかつ”

昭和24年創業の老舗洋食店『とんかつオゼキ 本店』。油で揚げず、約3cmの分厚い鉄板でカリッと焼き上げた“焼きとんかつ”が名物だ。


肉の旨みとコクのある味噌ダレが絶品!名古屋『名代とんかつ 八千代 味清』

肉の旨みとコクのある味噌ダレが絶品!名古屋『名代とんかつ 八千代 味清』

大正、昭和とその名を馳せた『ステーキハウス 八千代』で修業した先代が昭和37年に名古屋市中村区に開店。現在は二代目店主の高杉満さんが腕を振るう。[住所]愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-9-1 [TEL]052-412-0568


両国でとんかつ“厚切極上ロース”の迫力はどうだ!

両国でとんかつ“厚切極上ロース”の迫力はどうだ!

両国のとんかつ店「とんかつ はせ川」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。2~3㎝はあろうかという厚切極上ロース(220g)の迫力はどうだ!もちろん厚みだけではない。[住所]東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103号 [TEL]03-5625-2929


久が原『自然坊』のとんかつはサクッと軽い食感!日本酒を合わせて一杯!

久が原『自然坊』のとんかつはサクッと軽い食感!日本酒を合わせて一杯!

久が原のとんかつ店「自然坊」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。唐津焼の力強い刷毛目の皿の上にのったとんかつの風情がいい。気取りはないが、丁寧な仕事がなされているのがよくわかる。[住所]東京都大田区久が原4-19-24 [TEL]03-5700-5330


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング