MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
まるで和風ビビンパのようなカツ丼!水道橋の隠れた人気メニュー

まるで和風ビビンパのようなカツ丼!水道橋の隠れた人気メニュー

『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。

かつ吉(最寄駅:水道橋駅)

和風惣菜を盛り合わせたさっぱり味のカツ丼

カツと一緒にご飯を飾るのは大根ナムル、こぶの佃煮、ゴボウのきんぴら、そしてたかな漬けと千枚漬け。漬物以外はすべて自家製で、賄いから生まれたメニューなのだとか。軽い口当たりのカツと和風惣菜がぴったりマッチして、隠れた人気メニューなのもうなづける。

替わりかつ丼(ロース)
1600円

キャベツサラダとキムチ、たかな漬け、千枚漬けはすべてのメニューで食べ放題

銘柄豚ロースかつ定食
(150g) 2300円

軽く焙煎したごま油とコーン油をブレンドしたフライ専用油を使ったカツは、厚みがあるのに重すぎず年配客にも人気。ご飯は白いご飯か、青菜の塩漬けから作った青菜ご飯の2種類から選べる

お店からの一言

店長 永井重毅さん

「広い店内でゆっくりくつろいでいただけます」

かつ吉の店舗情報

[住所]東京都文京区本郷1-4-1 全水道会館ビル地下1階 [TEL]03-3812-6268 [営業時間]11時半~15時半(14時半LO)、17時~22時半(21時半LO)、土・日・祝 11時半~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休(年末年始除く) [席]計98席/ランチタイムを除き分煙/予約可/カード可/サ・お通し代無し [交通アクセス]JR総武線水道橋駅東口から徒歩1分

電話番号 03-3812-6268
</div>
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
創業82年の老舗を切り盛りするのはフレンチで研鑽を重ねてきた3代目。「その経験を生かし、お酒に合うメニューを増やしたり、今のメニューも少し見直しています」というが、カツ丼は従来のままだ。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt