MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。

とんかつ にし邑(最寄駅:東銀座駅)

シャキシャキキャベツととんかつソースが専門店らしい味わい

サラダ油で揚げるため軽やかで、噛めば肉の旨みがほとばしる。そんなとんかつを使った持ち帰りのみのカツサンドも隠れた人気メニューだ。カツが温かいうちにはさむとキャベツから水分が出るため、完全に冷ましてからはさむ。完成までに4時間を要するが、その徹底したこだわりが名店の味を生み出すのだ。

ヒレかつサンド
800円

柔らかく脂が少ないヒレをカツサンド用にカットしている。自家製のスパイシーなとんかつソースが合う。前日の昼までに要予約。とん汁100円もテイクアウト可

上ロースかつ膳
1400円

肉の旨みが濃い肩ロース近くの肉を180ℊ以上使用。塩で食べると脂の甘みが際立つ

お店からの一言

店主 西村真一さん

「ヒレ肉の旨みを閉じ込めました!」

とんかつ にし邑の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座3-12-6 [TEL]03-5565-2941 [営業時間]11時~14時半、17時~21時 ※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンター14席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩3分

電話番号 03-5565-2941
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
創業82年の老舗を切り盛りするのはフレンチで研鑽を重ねてきた3代目。「その経験を生かし、お酒に合うメニューを増やしたり、今のメニューも少し見直しています」というが、カツ丼は従来のままだ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt