MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
上川口屋|江戸時代から続く由緒ある駄菓子屋(駄菓子/雑司ヶ谷)

上川口屋|江戸時代から続く由緒ある駄菓子屋(駄菓子/雑司ヶ谷)

創業1781年の「上川口屋」はもともとは、加賀藩主・前田利常公の息女・自昌院殿が鬼子母神に寄進したことから、加賀藩御用達となった飴屋がその前身という、由緒正しい歴史を持つ駄菓子屋。[交]地下鉄雑司ヶ谷駅から徒歩4分

上川口屋(最寄駅:雑司ヶ谷駅)

創業1781年。もともとは、加賀藩主・前田利常公の息女・自昌院殿が鬼子母神に寄進したことから、加賀藩御用達となった飴屋がその前身という、由緒正しい歴史を持つ駄菓子屋。現在、店を守るのは13代目の内山雅代さん。「最近は子供客が少なくなったけど、もう立派になった昔からのお客さんや外人観光客に人気で、アジア圏のお客さんも多いのよ」

色とりどりの駄菓子が詰まった木枠のケースや、フタ付き容器が懐かしい。洗濯物ハンガーの活用もいい味

右下の写真の爪楊枝に刺さった駄菓子は、今も人気の「きな粉アメ」。楊枝の先が赤色ならアタリでもう1個

上川口屋

東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20(鬼子母神境内) [営]10時〜17時 [休]雨・雪・台風などの日 [交]地下鉄雑司ヶ谷駅から徒歩4分

2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。大正時代にタバコ店として開業。昭和になって玩具、さらに駄菓子まで販売するように。
更新: 2018-05-19 11:50:00
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。明治通り沿いのきれいなビルの1階で数十種類の駄菓子と玩具を販売している。
更新: 2018-05-17 12:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。手作りの豆腐・油揚げ・がんもは、種類豊富で選ぶのが楽しい。人気商品のひとつが写真のざる豆腐(400円)。
更新: 2018-03-12 07:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。お肉を使った惣菜が中心で、揚げ物のほか自家製の餃子のタネや皮、チャーシューも人気。
更新: 2018-03-11 09:00:00
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt