MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座・中央通りにあるオーセンティックなバーながら料理が充実しているこちら。なかでも料理長渾身の力作が名物の「カツサンド」。

Penthouse G.(最寄駅:銀座駅)

一度は食べてみたい銀座のバーのロングセラー

20年以上のロングセラーで、ロースの中心部分だけを使い、米油100%で揚げるので衣はさらりと軽い。パンはこのカツサンドのために同じ銀座にある『木村屋』が作る特注品。丁寧に火入れしたカツの柔らかさを殺さず、ふんわりした食感に仕上げている。おすすめのスコッチを使ったハイボールと。

カツサンド
2000円

カツは揚げてから、オリジナルソースに漬けて衣に味を馴染ませる。パンには無塩バターを塗っている。ボリュームがあるので半分は持ち帰る人も多いとか

グレンモーレンジ ハイボール
1188円

カツサンドに使う豚肉の余った部分で作る自家製ジャーキーがつきだし

お店からの一言

店長 宇佐美英司さん

「自慢のカツサンドを味わってください」

Penthouse G.の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座7-8-8 isgビル9階 [TEL]03-5568-0655 [営業時間]18時~翌4時、土~24時 [休日]日 [席]カウンター15席、テーブル15席、個室1、計36席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ10%、お通し1000円別(24時以降2000円) [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅A2出口から徒歩5分

電話番号 03-5568-0655
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
“幕末、アメリカに派遣されたサムライたちが、アメリカの文化を持ち帰って日本にバーを開いたら……”というコンセプトでつくられた「ザ・エスジー・クラブ」。1階の「ガズル」はカウンター席の他、スタンディングもOKなオープンな空間。
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
愛知県のラーメンやつけ麺を語ろうとするとき、どうしても名古屋市内の店ばかりがクローズアップされるが、地方にも絶対の自信を持って勧められる店がある。 名古屋めしには欠かせない八丁味噌の産地として知られる岡崎市にある『つけめん舎 一輝 本店』もその一つだ。
またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。 なんと『レンジで簡単 オムライス』。 2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ! 包丁も、フライパンも使わず、お皿2枚だけでオムライス作りに挑戦です!!
程よい塩気と絶妙な肉の食感が特長のリエットは、バゲットにのせるだけで手軽に贅沢な一品に。軽く火を入れても美味で、ワインが欲しくなる味わいだ。
 「ぜひ見てください」。そう言って店主・中村さんが扉を開けたのは敷地内にある工房。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt