MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
予約した人だけが味わえる、フレンチレストランの「うっとりカツサンド」!

予約した人だけが味わえる、フレンチレストランの「うっとりカツサンド」!

都立大学『Fukushima』|夜はおまかせコースのみ。1日最大2組までしか受けないカウンターフレンチだ。

Fukushima(最寄駅:都立大学駅)

スパイス香るしっとり豚肉が至福のカツサンド

クリエイティブなこの店がなぜカツサンドを出すことになったのか。最初はランチコースの中でサプライズ的に出していたが、要望が多く予約で持ち帰りに応じるようになったという。もちろんただのカツサンドではない。低温調理の豚肉、何種類ものスパイスを配合したオリジナルソースなど、手のかけ方はフレンチのひと皿と同じかそれ以上。スパイスの香りに包まれたしっとり食感の豚肉にうっとりとなる。

厚切りポークカツサンド(テイクアウトのみ)
1500円

パンの片面にはマスタードソース、もう片面にはソースを塗り、上から8種のスパイスをブレンドしたマヨネーズソースをかける。どのソースもシェフオリジナル

お店からの一言

シェフ 福島隆幸さん

「カツサンドは総合力。バランスが大切です」

Fukushimaの店舗情報

[住所]東京都目黒区中根1-6-1 NewYorkCorner161 2階 [TEL]03-5726-9727 [営業時間]17時~20時半LO、土・日・祝12時~13時LO、17時~20時半LO [休日]火、不定休 [席] カウンター14席/全席禁煙/予約可/カード可/サランチ5%、夜10%、お通し代なし [交通アクセス]東急東横線都立大学駅から徒歩3分

電話番号 03-5726-9727
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
元中学校を利用した文化施設内に2017年6月オープン。フレンチをベースに、シジミや白子、柚子、黒七味など、和の食材や調味料を巧みに織り交ぜた、粋を感じさせるメニューが楽しめる。
更新: 2018-12-12 18:00:00
八重洲エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。
更新: 2018-12-03 14:50:44
麻布十番の「Bistro 釜津田(ビストロ カマツダ)」は能登の食材を使った華麗な料理が人気のカウンターフレンチ。夜のコースは8000円からだが、土日祝のランチ限定でアミューズ、前菜2品、メイン、デザートのプリフィクスコースが2800円で味わえる。
更新: 2018-09-10 11:14:29
京橋「ラ・ボンヌ・ヌーベル」のオーナーシェフ・佐々木さんが打ち出すコースはちょっと変わっている。ベースはフレンチだが、刺身も出るしシメはご飯。
更新: 2018-04-24 12:00:00
 かつて一大ホップの名産地だったという長野県東御市。ビール造り20年の小規模ブルワリー『オラホビール』はその小高い丘の上にある。
更新: 2018-03-12 10:53:37
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00