MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

【閉店】池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!(※2019年3月20日現在1000円に変更)

【閉店】嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』(最寄駅:池袋駅)

肉卸のアンテナショップ 採算度外視の激旨とんかつ

思わず二度見する驚きの価格とクオリティだ。さらに2月から登場したリブロースは自社で骨付きのまま40日間熟成させた自信作。酵素の働きで旨み成分が4倍にもなるそう。芳醇な香り&甘みの肉質はお見事。ポップな店名の裏に隠された社長の熱き想いにも惹かれるのです!

嬉嬉豚 ロースとんかつ定食
(200g)1000円

綿実油で揚げた適度な弾力の肉。キャベツの千切りもたっぷり。ご飯大盛り無料で小鉢と豚汁も付く。お持ち帰りコーヒー無料のサービスも

嬉嬉豚熟成肉「ねむるぶたおふトン」(200g)定食
1800円

独自の技術で40日熟成させたリブロースを使った新作。上質な肉の旨みと甘みがたまらない

肉巻きエビフライ定食(3本)
850円

エビフライは「エビだけじゃ面白くない」と肉巻きに。プリッとした身に豚バラを巻いているから二重の旨み

豚汁(お替わり)
50円

2種の味噌を使った具だくさんの豚汁。煮る前にごま油で炒めて風味豊かに

お店からの一言

店長 川口梨菜さん

「ボリュームたっぷりのお弁当も販売しています」

【閉店】嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』の店舗情報

[住所]東京都豊島区南池袋2-13-10 東海キャッスル小林1階 [TEL]03-5957-0429 [営業時間]11時~16時、17時~20時※ランチタイム有 [休日]水・木 [座席]カウンター9席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線ほか池袋町駅東口から徒歩4分

電話番号 03-5957-0429
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2019-05-14 12:19:25
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt