MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
駄菓子屋木村屋|子供にも、大人にも宝の山が下町に健在(駄菓子屋/千駄木)

駄菓子屋木村屋|子供にも、大人にも宝の山が下町に健在(駄菓子屋/千駄木)

駄菓子のほかボール、紙飛行機といった玩具も並ぶこの店は、1948年創業。かつては界隈に数店舗あった駄菓子屋も、今はこちらだけという。しかも「後継者もいないし、ここも私の代でおしまい」と店主・木村せつ子さんは少し寂しそうに笑う。そうなる前に、ぜひ足を運んでほしい。駄菓子屋木村屋[交]地下鉄千駄木駅から徒歩5分

駄菓子屋木村屋(最寄駅:千駄木駅)

全ての商品に、わかりやすい値段表示。子供たちが足し算をしながら購入する様子は、今も昔も変わらず

紙風船やシャボン玉といったオモチャがあるのもうれしい。でも、どちらを買うか迷うことしきり

駄菓子屋木村屋

東京都文京区千駄木3-40-19 [営]13時頃〜17時 [休]不定休 [交]地下鉄千駄木駅から徒歩5分

2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
目の前の専用ポテトカッターで、くるくるらせん状にカットされる様子は見てるだけでも楽しい。じゃがいもは北海道の大地で育てられたメークイン。
更新: 2019-06-19 12:01:24
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。大正時代にタバコ店として開業。昭和になって玩具、さらに駄菓子まで販売するように。
更新: 2018-05-19 11:50:00
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。明治通り沿いのきれいなビルの1階で数十種類の駄菓子と玩具を販売している。
更新: 2018-05-17 12:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。手作りの豆腐・油揚げ・がんもは、種類豊富で選ぶのが楽しい。人気商品のひとつが写真のざる豆腐(400円)。
更新: 2018-03-12 07:00:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt