MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
駄菓子屋木村屋|子供にも、大人にも宝の山が下町に健在(駄菓子屋/千駄木)

駄菓子屋木村屋|子供にも、大人にも宝の山が下町に健在(駄菓子屋/千駄木)

駄菓子のほかボール、紙飛行機といった玩具も並ぶこの店は、1948年創業。かつては界隈に数店舗あった駄菓子屋も、今はこちらだけという。しかも「後継者もいないし、ここも私の代でおしまい」と店主・木村せつ子さんは少し寂しそうに笑う。そうなる前に、ぜひ足を運んでほしい。駄菓子屋木村屋[交]地下鉄千駄木駅から徒歩5分

駄菓子屋木村屋(最寄駅:千駄木駅)

全ての商品に、わかりやすい値段表示。子供たちが足し算をしながら購入する様子は、今も昔も変わらず

紙風船やシャボン玉といったオモチャがあるのもうれしい。でも、どちらを買うか迷うことしきり

駄菓子屋木村屋

東京都文京区千駄木3-40-19 [営]13時頃〜17時 [休]不定休 [交]地下鉄千駄木駅から徒歩5分

2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。大正時代にタバコ店として開業。昭和になって玩具、さらに駄菓子まで販売するように。
更新: 2018-05-19 11:50:00
おとなの週末「駄菓子を買いに。」特集掲載店舗。明治通り沿いのきれいなビルの1階で数十種類の駄菓子と玩具を販売している。
更新: 2018-05-17 12:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。手作りの豆腐・油揚げ・がんもは、種類豊富で選ぶのが楽しい。人気商品のひとつが写真のざる豆腐(400円)。
更新: 2018-03-12 07:00:00
下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。お肉を使った惣菜が中心で、揚げ物のほか自家製の餃子のタネや皮、チャーシューも人気。
更新: 2018-03-11 09:00:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt