おっさん女子の吉祥寺パトロール(69) 吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(69) 吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件

吉祥寺の餃子って、ジャンボ餃子が主流な気がする。土日祝は開店前から行列している中道通りのラーメン屋『 I 』の餃子とか、すごいデカいし。 でもさー、私、餃子はライスに合わせたい人間なのよ。米が好きだからね! そうなるとジャンボ餃子系は、ちょっと厳しいワケ……。


吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件


吉祥寺の餃子って、ジャンボ餃子が主流な気がする。

土日祝は開店前から行列している中道通りのラーメン屋『 I 』の餃子とか、すごいデカいし。

ここの餃子ライスは、餃子がデカすぎて、お腹パンパンになりすぎるので、要注意だ! 

そして私が愛している、連載15回51回でも紹介したコピス吉祥寺の『B』も大餃子がおすすめだし。

でもさー、私、餃子はライスに合わせたい人間なのよ。

米が好きだからね! 

そうなるとジャンボ餃子系は、ちょっと厳しいワケ。

さらに言うと、皮もっちり系より、皮が薄い小ぶりな餃子のほうが、米には合うんだよねぇ(超自己中見解)。

そんな観点で、吉祥寺のごはんに合う餃子を独断でおすすめしてみようと思います。

イラスト/スタジヲワンツー



もうね、いきなり予定調和の結論で申し訳ないんですけど、イチオシは、ハモニカ横丁の『M』になっちゃうワケ……。

ここの餃子は皮もっちり系なんだけど、餃子ライスという看板メニューがあって、量も絶妙。

本当は、名物のあさりチャーハンと餃子を合わせたいところだけど、そうなると超ボリューミーで、男性でも食べ過ぎになっちゃうだろ! というジレンマがあるんだよ……。

『M』の餃子は完成されているので、まあ吉祥寺を代表する餃子で間違いないと思います。

ちなみにある日、カウンターの一番奥の端っこ、つまりお店のでっかい炊飯器の横に座ると、お兄さんが「ごはんは、どれくらい?」と聞いてきたので、私は「ごはん少な目で」とつい、心にもないことを言ってしまいました……。

しかし、本当に少なく盛られてしまい、どうしようかなぁと思ったのが、どうも顔に出てしまったオレ……。

そんな私を見たお兄さんが、すかさず&にこやかに、なにも言わず、ごはんを山盛りにしてくれました……。

ありがとうお兄さん。

こんな私も、ちょっと糖質制限ブームに絡め取られそうになってしまったの(涙)。

日和った私はバカだった。

やっぱり、ご飯は力いっぱい盛ってもらう、と心に決めたおっさん女子であった。


調子に乗って、吉祥寺の「餃子ライス」の紹介にチェーン店も登場だ!


さらに予定調和を通り越して、チェーン店をおすすめしてしまうおっさん女子。

ラブホ街のほうにある『D酒場』。

すごい勢いのある店名のあそこ! 

餃子は文化です!っていう店ね。

ここの餃子は小ぶりで、皮も薄くてパリパリで、非常にご飯に合います。

あと餃子自体にしっかり味がついているタイプなのもいい! 

量も女子にはちょうどいい! 

あと、年配の人にもこのくらいがベストじゃない? 

育ち盛りの男子には物足りないかもしれないけどさー。

さらにここは夜メニューに、餃子アイスっていうのがあってさ、餃子の皮を揚げてアイスに添えたスイーツもあるんだよ。

ちなみに、ゴマ油風味!

意表をついて美味しいので、おすすめです。



そして連載58回で、もやしの多い超ボリューミーなレバニラのお店として、ついでに紹介した井の頭通りの中華屋『K』。

ここの餃子は、小ぶりで皮は薄いんだけど、ややもっちり系。

1皿5個で、程よいボリュームなんだけど、私は自分的にはイレギュラーな“半チャーハン+餃子”でオーダーします。

半ライスだとちょっと寂しいし、定食はどれも超ボリューミーなので、そこに餃子を合わせるのは危険……。

チャーハンはパラッと系で合格点の美味しさ。餃子は酢多めの酢醤油で食べるといい感じ。


あと、某有名予約が取れない焼肉店『N山』のちょっと先にある『K』というラーメン屋さんの餃子もいいんだけどさ、ここは米のメニューがないのよ。

麺類に合わせるか、ビールのつまみか、っていう選択肢なので、米があったら押したいんだけど~。

残念。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード


吉祥寺 おっさん女子 餃子

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。


五反田で“極上&無敵”の火鍋!旨辛鍋で寒さを吹き飛ばせ!

五反田で“極上&無敵”の火鍋!旨辛鍋で寒さを吹き飛ばせ!

五反田の火鍋専門店[ファイヤーホール4000]のグルメ記事と写真のページ。この迫力あるビジュルですでに説明は不要! すぐにでも食べたい魅惑の火鍋だ。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(68) 吉祥寺の『デパサン』に“小腹神”喫茶店降臨! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(68) 吉祥寺の『デパサン』に“小腹神”喫茶店降臨! の件

2018年の5月に東急吉祥寺デパート3Fに『デパサン』というフロアができたんですよ。デパートの3Fだから、『デパサン』ね!  最初は試行錯誤している感じがあったけど、夏から秋にかけてフロアも落ち着き、おっさん女子もこの『デパサン』に慣れてきたのか、けっこう楽しいフロアだよな、という境地に達してきたワケ……よ。


大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた! 来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

吉祥寺はとんかつ砂漠……。なんでもあるように見えて、実はとんかつが弱い……。しかも追い打ちをかけるように昨年、人気のとんかつ店『あおば』が閉店してしまったのでした。一方、なぜか牛カツの店が続々とできて、なんだかねぇ……。現状、吉祥寺でとんかつを食べる場合は、二択です。これは本当に二択しかないのです。ガチだよ、ガチ! 


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング