東京駅のグルメ座談会!東京駅構内に広がる飲食店を徹底調査!

東京駅のグルメ座談会!東京駅構内に広がる飲食店を徹底調査!

東京駅のランチ、グルメをくまなく歩き食べまわった約1ヶ月を振り返る!“迷宮”東京駅の食とみち座談会。東京駅構内に広がる飲食店を縦横無尽に調査したのは、市村幸妙(以下、市)と郷土料理担当・菜々山いく子(以下、菜)。どんな発見があったかを、担当編集・戎とともに振り返ります。


東京駅は諸国の「うまい」が集まる 拠点ということを再認識

戎「今回も多くの店で調査を行いましたが、印象的な店は?」

菜「『ふく竹』の『明太もつ鍋』はテッパンのウマさ。あと『山形酒菜一』は、郷土料理の枠では収まらない、料理レべルが高い名店。腕のあるいい料理人さんがいるんだろうなあと思った。

博多かねふく ふく竹のテッパンのウマさ!『明太もつ鍋』

▲『ふく竹』明太もつ鍋 1人前 2000円(写真は2人前)

[その他のメニュー]明太からし高菜400円、明太揚げしゅうまい600円、明太チーズ揚げ600円、明太子のパスタ1200円、明太子のアヒージョ1200円、辛子れんこん4枚950円、さつま揚げ500円など

東京駅「博多かねふく ふく竹」の「明太もつ鍋」はたっぷり盛りつけられた明太子が圧巻のビジュアル!今やメジャーとなった「明太もつ鍋」を考案した、築地『ふく竹』の2号店で、明太子メーカー「かねふく」が直営している。もつは新鮮さが自慢の国産で、プリプリの小腸や歯応えのあるハツなど4種類を黄金比でミックス。火を入れれば、もつからあふれる旨みと明太子のコクが溶け合って、もう箸が止まらない。〆はそのダシをあますところなく味わえる、チーズ入りのおじやで決まり!

『博多かねふく ふく竹』 [住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 地下1階 [TEL]03-6268-0311 [営業時間]10時~23時(鍋は22時、一品料理・ドリンクは22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計53席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代450円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下中央口から徒歩1分

『博多かねふく ふく竹』の詳細

龍潭は他の沖縄料理店にはもう行けなくなるほどハマる

沖縄料理の『龍潭』も、料理人のセンスの良さが際立っていたし、沖縄料理ってどこの店で食べても変わらないと思っていたけど、シンプルなチャンプルーも繊細な味つけでクオリティが高い。東京駅のとある広報さんも、『ここで食べると他の沖縄料理店に行けない』と言っていたよ」

▲『龍潭』フーチャンプルー 842円

[その他のメニュー]昼龍潭そばセット1190円、ゴーヤーチャンプルー定食1080円 夜やわらか軟骨ソーキ煮864円、石垣牛コロッケ432円、もずくの天ぷら648円、ヒラヤーチー626円、タコライス810円など

東京駅の沖縄料理店「龍潭(リュウタン)」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。シーサーに迎えられ、島唄が流れる店内は南国気分満点! ここが東京駅構内ということを忘れてしまうはず。野菜や肉など、使用する食材の多くは現地から直送。素材を活かした繊細な味付けで、都内に数ある沖縄料理店のなかでも指折りの旨さだ。特にオススメがソーキそば。もっちりとした弾力あるコシのオリジナル麺と、カツオの力強い風味を利かせたスープとのコンビネーションが絶妙。ランチタイムは沖縄流にジューシー(炊き込み御飯)とのセットで楽しめる。また、棚に並ぶボトルは、名護市にある龍泉酒造の泡盛が中心。老麹で仕込んだまろやかな口当たりが特長で、料理の味わいをぐっと引き立てる。モンドセレクション最高金賞を受賞した自社製の豆腐ようも自慢の逸品だ。

『龍潭』 [住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 グラングルメ地下1階 [TEL]03-3201-2030 [営業時間]11時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計46席/16時までは全席禁煙、16時以降は全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、16時以降はお通し代324円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下中央口から徒歩5分

『龍潭』の詳細

何度も通いたくなる魅力満載の飲食店

市「私の注目は、2017年8月にオープンした『GARDEN HOUSE CAFE』と『茅乃舎汁や』かな。『NIHONBASHI BREWERY.T.S』はなんと2017年11月1日の開店ほやほや。どのお店も素材を大切に扱っていて、安心できる美味しさに、調査終了後も、実は何度か通ったほどです」

GARDEN HOUSECAFE

国産小麦の自家製パンを使ったサンドイッチやこだわりの食材を使用した料理を提供。朝食メニューからビオワインまで取り揃え、どの時間帯に訪れても満足度の高い店だ。たっぷりの野菜を使った「デリ盛り合わせ」は、食事にもおつまみにも抜群の一品。一見斬新ながら、ほっとする味わいの「ビーツのきんぴら」や大豆の旨みが濃厚なテンペなど、厳選素材を一捻りした料理に心も体も満たされる。併設のベーカリーは、自社のパンをはじめ、こだわりのベーカリー商品を並べるセレクトショップ。購入したパンはイートインも可能で、パン好きでなくても垂涎必至の空間だ。

▲5種類のデリ盛り合わせ 1000円

[その他のメニュー] バタートースト280円、ピーナッツ&バナナトースト420円、ホットドッグ800円 &昼ドリンクセット200円、ドリンク&スープセット500円 昼&夜グリルドチーズサンドイッチ700円、バターミルクフライドチキンサンドイッチ800円、カントリーフレンチトースト1000円、ガーデナーズサラダS400円など

『GARDEN HOUSECAFE』 [住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内地下1階(改札外) [TEL]03-6551-2677 [営業時間]7時~22時、日・連休最後の祝日7時~21時※1月1~3日9時~21時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計60席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内地下中央改札口から徒歩1分

『GARDEN HOUSECAFE』の詳細

茅乃舎 汁や 東京駅店

▲九州の豚汁セット 1280円

[その他のメニュー]海乃七草となめこ汁セット1180円、根菜たっぷり南瓜の汁セット1480円※季節限定

福岡で1893年に創業した醤油蔵が原点の久原本家が展開する、ダシなど調味料類の販売店『茅乃舎』。隣接の『汁や』は、その調味料を使ったお椀を提供する店だ。多くの料理のベースとなる「茅乃舎だし」は、焼きアゴやウルメイワシ、カツオ節、真昆布が絶妙に配合された風味豊かで滋味深くやさしい味わい。使用する原材料はすべて国産にこだわり、化学調味料や保存料は一切無添加。素材が持つ美味しさを実感でき、じんわりと旨さが沁み入る。

『茅乃舎 汁や 東京駅店』 [住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内地下1階(改札外) [TEL]03-6551-2322 [営業時間]11時~22時(21時半LO)※12月31日、日・連休最終日の祝日、1月1日~3日11時~21時(20時半LO)、茅乃舎(物販コーナー)8時~22時、日・連休最終日の祝日8時~21時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計24席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内地下中央改札口から徒歩すぐ

『茅乃舎 汁や 東京駅店』の詳細

NIHONBASHI BREWERY.T.S

天井が高く開放感がありながらも落ち着いた雰囲気のブルワリー。1/3パイントは378円から提供しており、3サイズを展開。飲み比べて、ぜひお気に入りの1杯を見つけてほしい。料理にもひと工夫あり。大人気のポテサラは、ふわふわのマッシュポテトに半熟燻製玉子を崩し混ぜる。バゲットのカリカリ感など、食感の妙を楽しんで。また、野菜はすべて鎌倉の契約農家から直送。朝穫れの鮮度抜群なものを使用し、オクラと大葉をのせたピザなどに活かされている。

▲黒潮の如く M、NIHONBASHI IPA SAKE STYLE、Galactic Inperial Red Strong Ale S 594円、594円、378円 ※クラフトビールはオリジナル以外、内容が入れ替わる

[その他のメニュー]モツのトマト煮込み540円、ズワイガニとアボカドのタルタル788円、チキンウイング(オリジナルチリ・ハーブソルト)6P540円、岩中豚の手詰めソーセージ1274円など

『NIHONBASHI BREWERY.T.S.』 [住所]東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内1階 [TEL]03-6256-0056 [営業時間]11時~23時(22時LO)、日・祝11時~22時(21時LO)※12月30日は21時LO ※ランチタイム有 [休日]12月31日~1月3日 [席]計88席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、チャージ350円 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲南口改札から徒歩5分

『NIHONBASHI BREWERY.T.S.』の詳細

戎「トホホなお店はありましたか?」

菜「鉄板&お好み焼きの『N』かな。名物の明石焼きは納得するけど、お好み焼きはちっさいのに1404円!鉄板焼きも『この値段で、こんなもんか』と質と量が残念に思うものもあったな」

戎「女将さんのキャラが立っていて、街場の飲食店みたいな雰囲気は貴重ですし、面白かったんですけどね」

市「私はシーフード料理の『G』。予約して行ったのですが、通された席のカトラリーが人数分揃っていなかったり、遅れて来る子のおしぼりがないとか、店員さんがなんとなくタメ口だったり。生牡蠣は抜群に美味しくてコスパが良かっただけに、すっごく残念でした」

「N」のお好み焼き1404円。ふんわりとした口当たりはいいけど、小さめでこの値段は、ちょっと高いかも?

グランスタ丸の内にオープンした「マンゴーツリーキッチン“パッタイ"」もよかった。もちもちで美味なパッタイ780円

「G」の生牡蠣盛り合わせ2160円。単品で聞いたオススメのものがひとつも盛られず、ソースの説明もなし

迷宮・東京駅の攻略は 北口側の自由通路にあり

戎「大きく分けて丸の内側と八重洲側がある東京駅。特に八重洲側は、グラングルメ、グランルーフ、グランアージュ、八重洲地下街と、エリアが点在していますが、困ったことは?」

菜「迷いまくるよね。東京駅はダンジョンだと思ってる。丸の内側にいて、じゃあグランルーフに向かいましょって時なんて最悪。丸の内と八重洲の自由通路を通り抜けて、そっから先は……?と闇雲に歩き回った」

市「八重洲と丸の内を結ぶ自由通路は、北口側だけなんですよね。私は東京駅一番街や八重洲地下街で、進みたい方向と逆に進んでいたこともありました」

戎「そんなダンジョンで、何か発見はありましたか?」

菜「八重洲側と丸の内側で文化圏が全然違うのが面白いと思った。丸の内はオシャレ系の店が多いし、八重洲はお父さんたちの憩いの場。女子会なら丸の内、仲間内の飲み会なら八重洲と使い分けられるよね」市「私、八重洲側が妙に落ち着くようになっちゃった」

戎「え、おじさん化! ? 今回、その他に気づいたことは?」

菜「東京駅は改札外にもトイレがあるし、どこもキレイで安心。構内に喫煙所を設置しているのは東京駅ならでは」

市「たいていお酒を飲んでいるから、トイレ問題は超大事!改札近辺は混んでいるから、ついグランルーフやヤエチカとかまで、足を伸ばしたりして」

戎「東京駅を制すれば、美味しいもの選びにも、トイレ探しにも困らないってことですね!」

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


エリア別東京駅の三ツ星店

関連する投稿


東京駅の重要エリア!「東京駅一番街」の厳選グルメおすすめ3軒

東京駅の重要エリア!「東京駅一番街」の厳選グルメおすすめ3軒

今回は、改札外で八重洲と丸の内を行き来するのにあたり、避けては通れない重要なエリア【東京駅一番街編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


東京駅でも一、二を争う飲食店の激戦区!キッチンストリートのおすすめ2店

東京駅でも一、二を争う飲食店の激戦区!キッチンストリートのおすすめ2店

飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!今回は20軒の飲食店が集まる【キッチンストリート編】


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


東京駅をくまなく調査!グランスタで見つけた厳選三ツ星店3店

東京駅をくまなく調査!グランスタで見つけた厳選三ツ星店3店

エリア別東京駅の三ツ星店【グランスタ編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


[The CAVE DE OYSTER] 牡蠣のグルメ記事と写真(オイスターバー/東京駅)

[The CAVE DE OYSTER] 牡蠣のグルメ記事と写真(オイスターバー/東京駅)

[The CAVE DE OYSTER(ザ・カーブ・ド・オイスター)]は「大人のためのオイスターバー」を標榜するスタイリッシュな店。およそ50の産地から、季節により日替わりで5~10の産地の牡蠣を楽しめる。[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅八重洲南口改札口から徒歩5分


最新の投稿


目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

世の中の台湾フードブームは下火なのかもしれない。しかし吉祥寺は今がピークなんだよ! 都心より遅いんだよ(涙)。吉祥寺は武蔵野市だからね……。 そんなワケで、吉祥寺は、タピオカ・バブルなのである。タピオカミルクティー&台湾スイーツの店が、多すぎなんだよ! もう……! という状況である。


赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。


名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。


大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。


ランキング


>>総合人気ランキング