MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

目にすると、何故だかとてもシアワセな気持ちになる、黄色いハンカチならぬ、黄色い玉子をはさんだ〈玉子サンド〉。ごくごく平凡を装ったこのメニューは、見るたび、思い出すたび、妙~~に(無性に)食べたくなる、魔性の味なのです。文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)

今回のお題【玉子サンド】

【東】マッキー牧元 玉子サンド 喫茶YOUの「オムレツサンド(ドリンクセット)」

 門上さん、玉子サンドといえば、京都がメッカですよね。ネット検索で「玉子サンド」と入れれば、即刻「玉子サンド 京都」と、出てくるほどです。僕も京都で何軒か食べて、心つかまれました。

 しかし後塵を拝していた東京も、いまや玉子サンドが盛んなのです。通常のスクランブルエッグ系だけでなく、目玉焼きにゆで卵、出し巻き玉子にスフレと、百花繚乱です。そのなかで今回は、オムレツを選びました。オムライスで有名な喫茶店『YOU』の「オムレツサンド」です。

 ふわりと仕上げた紡錘形の美しいオムレツを、温めたパンの間にそっと挟む。僕はこの食感を損なわないよう、パンを上下からは掴みません。これ以上の圧力をかけてはいけない。だからパンを左右に配置して食べるのです。こうして食べると、まず唇に、ふんわりとオムレツがキスをする。次にむむっと舌に玉子の甘みが広がります。パンにはうっすらマーガリンとマヨネーズが塗られていますが、味わいはこの上なくオムレツに肩入れしたサンドなのです。

 僕は後半になって、ちょっとだけ塩をかけてみます。すると甘みが膨らんで、玉子が笑う。そこで一緒に頼んだコーヒーを、ひとすすりします。

 この幸せは、なにものにも変えられません。門上さん、幸福を共有しませんか。

ふわふわオムレツは 初恋の味のごとき イケナイ食感。 あぁ、うっとり……

▲オムレツサンド(ドリンクセット) 1100円
サンドを「齧る」ということが不可能なほどフワフワのオムレツ。
「この玉子サンドを食べるときは、あくまでもそっと優しく。食べ終えたあと、思わず“ほぅ”っと吐息が漏れる味わいなんだな」(牧)

[住所]東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F・2F
[TEL]03-6226-0482 10時~21時(20時LO)※食事の販売は11時半~
[休日]無休(年末年始を除く)
[席]1F:14席、2F:34席/計48席 カード不可/予約可(土・日・祝を除く)/サなし
[交通アクセス]地下鉄日比谷線東銀座駅3番出口から徒歩1分

※オムレツサンドは750円+箱代50円でテイクアウト可。
ほか、サンドイッチ、オムライスなどもテイクアウトOK。

【西】門上武司 グリル グリーンの「タマゴサンド」

 関西には数年前に惜しまれながら店を閉じた洋食店があり、そこの玉子サンドは名物でありました。オムレツを焼き、それを三つ折りにしてパンに挟む。確実に玉子がパンの量を凌駕しているのです。そのレシピを再現する喫茶店も登場し、ファンはホッと胸をなでおろしたのでした。

 多分に漏れず僕もその一人だったのですが、実はもう一軒、大好きな玉子サンドを供するコーヒー店がありました。ところがそちらは、姿を消したままになっていたのです。すると友人から、「あのグリーンが祇園で復活した」という朗報が。なんとコーヒー店から、カウンターの洋食店に変身したのです。

 かつては厨房で作られていた玉子サンド。今度は調理の様子が見えるのです。驚いたことに、主の足立浩行さんはフランパンに溶き玉子を入れ、なんとフライパンをゆっくり回しながら、玉子を四角形に焼き上げてゆくのです。つまり食パンのサイズに合わせ焼くということになります。

 味付けはバターと塩、コショウのみ。折り畳むことがないので、厚焼き玉子はびっしりパンと接地しています。ふんわりというより、詰まった感じが食べ応えに繋がります。圧倒的な玉子の存在感には、これぞ玉子サンドという矜持すら感じるのです。

 牧元さん、祇園の洋食屋にぜひどうぞ!

見よ、この堂々たる姿。その圧倒的な存在感に、思わず襟を正したくなるような“ザ・玉子サンド”

見るからに凝縮&重量感のある玉子焼きが、圧巻。
「現在は洋食屋なのでステーキなども素晴らしいのですが、締めは迷うことなくこの玉子サンドとカレーライスというセットをおすすめします」(門)

[住所]京都府京都市東山区祇園町北側347-28 Fビル1F
[TEL]075-525-3117
[営業時間]18時~翌1時
[休日]日・祝
[席]カウンターのみ8席 カード可/予約可/サあり(別途10%)
[交通アクセス]京阪四条駅から徒歩7分
[HP]https://www.facebook.com/coffee.green.kyoto/

※アラカルトのほかコース(ステーキ8000円〜、おまかせ10000円~、
いずれも税サ別)もあり。

プロフィール

マッキー牧元/タベアルキストを自称して早30年、ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく、各誌への寄稿に励むコラムニスト。東の食雑誌『味の手帖』編集主幹でもある。

門上武司/小誌でもおなじみの、あらゆる食情報に精通している西のグルメ王。食関連の執筆・編集を中心に、各メディアに露出多数。関西の食雑誌『あまから手帖』の編集顧問も務める。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
たまごが決め手のおやつ時間に「エッグタルト」!グルメライターが東京都内のお店を食べ歩いて見つけたおすすめ4選!撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-02 13:17:33
東京都内、素材にこだわり卵感たっぷりの「プリン」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ8選!卵を使った料理には、プリンやエッグタルトといったおやつもあって、こちらもまた美味なのです。これぞ我がおやつ! を選び抜いてみました。撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-15 10:22:45
東京都内の「カルボナーラ」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ5選!スパゲッティにも、シンプルに卵の美味しさを実感できるメニュー、あります! それがこれ〈カルボナーラ〉。本場仕込みのものから元祖系、アレンジ系まで名店を揃えました。撮影/貝塚 隆、西﨑進也 取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-15 10:22:42
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt