MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
グルメ専門誌ライターがおすすめする新宿の美味しいラーメン5選

グルメ専門誌ライターがおすすめする新宿の美味しいラーメン5選

グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のラーメン店」を徹底調査。新宿、新宿3丁目、新宿御苑エリアはラーメン激戦区。あっさり、こってり、醤油、味噌など至極の一杯を紹介!

はじめに

日本一の歓楽街と言われる「新宿」。乗降客数が圧倒的に多い「新宿駅」を中心に様々なグルメ店が存在している。グルメ専門誌「おとなの週末」グルメライターが覆面取材で見つけたとっておきの厳選店の中から、今回は「ラーメン」をピックアップ。

激戦区の新宿で営む数多くのラーメン店の中から、これぞおすすめのラーメン店を厳選してチョイス。こってり、あっさり、人気店、朝まで営業など、多数を切り口から総合的に評価した至極のラーメン店をとくとご覧あれ!

新宿駅西口のおすすめラーメン

万世麺店 新宿西口店(新宿駅西口・ラーメン)

肉の専門店「万世」が手掛けるラーメン店の排骨麺(パーコーメン)。パーコーメンとは骨付きの豚バラ肉を揚げてラーメンの上に乗せたもの。

竜田揚げ的な旨みのある衣に、すっきりめのラーメンスープがしみしみになったところをガブリとやると、むち~っとした豚肉の旨みと相まってたまりません。さすがは肉の専門店の直営だけあって肉なら負けませんぜ~!徐々に脂の浮いたスープをズズズとすするとこれもたまらない!

むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。他にも「排骨辛菜麺」や「ざる排骨麺」、パーコーダブルなど、選択肢は多数あるので普段使いができるラーメン店だ。

排骨拉麺+味玉一個(950円)

[住所] 東京都新宿区西新宿1-1-2 新宿メトロ食堂街地下1階
[電話番号] 03-3343-0554
[営業時間] 10時~22時LO、土・日・祝10時半~21時半LO
[休日] 無休(ビル休館日は除く)
[アクセス] JR新宿駅西口改札から徒歩約1分

朝まで営業!歌舞伎町のおすすめラーメン

北京(新宿歌舞伎町・ラーメン)

新宿歌舞伎町の中華料理店「北京」では、まだその存在すら日本ではあまり知られていなかった20年以上前から、黒いジャージャン麺、辛いチャンポンといった韓国式中華料理を提供し続けている。

麺へのこわだりが強く、毎日店頭で打たれる手打ち麺はスープとの絡みが絶妙。そのモチプリッとした味わいをもっとも堪能できるのが「蘭州牛肉ラーメン」。中国・甘粛省の蘭州は鹹水の発祥の地といわれる、いわば全世界的な麺のルーツ。中国の麺に韓国の麺。その両方を味わえば、心はおのずと大陸へと誘われる。

韓国を代表する2つの麺を楽しめる「ジャージャン麺+北京式チャンポン」も人気が高い。

蘭州牛肉拉麺(900円)

[住所] 東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 ジャストビル1階
[電話番号] 03-3208-8252
[営業時間] 11時半~翌6時
[休日] 無休
[アクセス] JR新宿駅東口より徒歩約5分

こってり濃厚!おすすめとんこつラーメン

博多 一瑞亭(新宿御苑・ラーメン)

正統派博多とんこつラーメンの「博多 一瑞亭」は2016年4月に開店。強力な火力で炊き上げる豚骨スープはトロリと濃厚。継ぎ足し作ることで奥深い味わいに仕上げている。タレには数十種類の魚介を配合し、さらなるコクをプラス。喉ごしと歯切れの良い細麺がスープにしっかりと絡んでいる。

ラーメン(750円)

[住所] 東京都新宿区新宿1-4-12
[電話番号] 03-6675-9666 
[営業時間] 11時〜23時LO
[休日] 無休(不定休あり)
[アクセス] 東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅2番出口から徒歩1分

深夜も営業!濃厚おすすめ味噌ラーメン

萬馬軒(新宿御苑・ラーメン)

「萬馬軒」は昭和63年に目黒で創業したラーメン店。2016年2月に移転オープンした。主役は「味噌らーめん」。味噌の風味たっぷりの濃厚スープと、存在感抜群のモチモチとした太麺の相性が見事! ラーメン店がひしめく新宿3丁目~新宿御苑エリアでも、大注目の1軒だ。なんと15時まではご飯と野菜の増量が無料!

味噌らーめん(790円)

[住所] 東京都新宿区新宿2-4-9 中江ビル 1F
[電話番号] 03-5379-0603
[営業時間] 11時〜24時
[休日] 日曜日
[アクセス] 東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅より徒歩約5分

ハラル&ビーガン対応!おすすめ醤油ラーメン

新宿御苑 ラーメン桜花(新宿御苑・ラーメン)

「どんな食文化の方でも食べられるラーメンを」との思いから、「新宿御苑 ラーメン桜花」が始めたのがハラール&ビーガン対応のラーメン。スープに使う材料には、宗教の影響を受けにくい真鯛を使い、頭と背骨を2時間炊いて出汁をとる。醤油ダレにはトルコ産のトマトを凝縮させて作ったペーストを加えている。

麺は自家製の中細麺。さぞや洋風な味わいかと思いきや、これがしっかり醤油ラーメンとして成立しているではないか!アクアパッツァにも似た風味で旨味があふれ出てくる。新宿御苑に近いこともあって、店内の7割が外国人客という光景も珍しくない。

御膳ラーメン(昼:1,100円 夜:1,500円)

[住所] 東京都新宿区新宿1-11-7 サンサーラ第五御苑ビル1階
[電話番号] 03-5925-8426
[営業時間] 12時半~15時LO、18時~22時LO ※土・日・祝は12時半~22時LO
[休日] 金曜日
[座席] カウンター15席/禁煙/カード可
[アクセス] 東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅2番出口から徒歩3分

おわりに

多数のラーメン店が立ち並ぶ新宿の中でお店探しは大変ですよね。今回紹介したお店はグルメ専門誌「おとなの週末」のライターが実際に食べて取材を行ったラーメン店の中から、新宿でラーメンを食べるならここだ!と自信をもってご紹介できるラーメン店のみを掲載。

味の好みは人それぞれ!ということで、味のジャンルはあまり偏りが出ないようにピックアップしました。
ぜひ、新宿でラーメン店を探す際の参考にしてください。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座エリアで絶対に外せないラーメンを、グルメライターが徹底調査!ランキング常連、ミシュランのビブグルマン獲得、昭和創業の老舗など、都内でも指折りの人気店が集中していることが判明しました!知っておきたい情報を分かりやすくお届けしていきます♪
人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見!東京都内の数多の店舗の中から、実際に食べ歩いて見つけた絶対に「いま食べておきたいラーメン」を厳選して13店舗ご紹介します。店舗情報やMAPもあり!
担々麺に特化した専門店がじわじわ増加中。汁あり、汁なしの定番をはじめ、夏にぴったりの冷やしメニューなど個性豊かな東京都内のおすすめ担々麺をたっぷりご紹介します!その独特の味わいや香りに夢中になる方もいて「一度食べると病みつきになる!」
蕎麦、うどん、焼きそばにスパゲッティ、珠玉のラーメンまで!専門店で高級店であらゆる場所で見かける麺。誰しもが興味のあるジャンルと言えましょう。グルメ雑誌「おとなの週末」の覆面調査員が日頃、仕事の合間に、週末に、好んで食べに行く、とっておきのお店が続々登場。今回は珠玉のラーメン三ツ星店!ズズ、ズイーッとご覧ください。
美味しいものには目がないこの世代にこそ、ぜひ味わっていただきたい至極のラーメン特集<味噌編>。東京都内のおすすめ店舗をご紹介!スパイシーで濃厚、ラードで覆われた熱々の札幌系味噌ラーメンや、どろりと濃厚なこってり系味噌が主流だったジャンルに、“清湯味噌”の兆しが見えてきました!
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt