MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。

石臼挽きうどん しゅはり(最寄駅:錦糸町駅)

江戸時代に通じる、素朴で力強い味わい

まずはせいろで、やや太めの、しっかりコシのあるそのうどんを味わうと、小麦の風味が濃く、噛みしめたときの余韻がなんとも。そのうどんに負けないツユでズズッとやるのがいい。粗挽き自家製粉の小麦粉は2種類のブレンド。それもまた香り豊かな旨さの秘訣だ。

せいろ
650円

噛みしめると小麦粉の風味を力強く感じられるのが魅力。茶色いのは粗挽きで小麦のふすま(皮の部分)も入っているから

トマト
900円

バジルの香りのするトマトスープが合う。女性に人気

お店からの一言

店長 菊地正伸さん

「小麦の風味や香りをぜひ味わってください」

石臼挽きうどん しゅはりの店舗情報

[住所]東京都墨田区錦糸2-5-10 私学ビル地下1階 [TEL]03-6687-5975 [営業時間]17時半~24時(23時半LO)、金~翌1時、土16時~売り切れ終了 [休日]日・月 [席]カウンター11席、テーブル20席 計31席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し450円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線・JR中央線錦糸町駅北口から徒歩2分

電話番号 03-6687-5975
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。
うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。
県民酒場ダウドン 清瀬北口店|埼玉県民のソウルフードに新展開!
 毎朝店で打つ麺は、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。讃岐でも稲庭でもない、もっちりと弾力のある“第三の麺”だ。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt