MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。

慶(最寄駅:根津駅)

酒・肴・〆に感無量! 実力店の味を日本酒バーで

肴はどれも見事で、和食の確かな技を感じさせる洗練された味わいだ。 と、これだけでも通いたくなるが、〆のうどんにさらに心を掴まれる。都内でも指折りの名店『根津 釜竹』の系列のため、同じうどんを楽しめるのだ。しかも本店が“釜揚げ”と“ざる”のみなのに対し、こちらでは“ぶっかけ”や“かきたま”など、あえて異なる1杯に挑戦している。水とほぼ同量の日本酒を加えて煮込んだカレーうどんは地酒との馴染みも抜群で、つまみとして味わうのもいいだろう。

珍味三種
864円

ほやの塩辛、貝柱粕漬け、へしこ。厳選したアテが揃う

本日の焼き魚
810円

ぶっかけうどん
648円

ツルリとしたのど越しと弾力あるコシが抜群! シンプルに麺の旨さを味わえる

カレーうどん
756円

ゴロリと入るニンジンやジャガイモが素朴な旨さ。牛スジのコクとフルーツの甘みがたっぷり詰まった1杯だ

お店からの一言

店長 遠藤真弥さん

「ランチも営業しています!」

慶の店舗情報

[住所]東京都台東区谷中1-2-14 [TEL]03-5834-2440 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~翌3時(翌2時半LO)※土は夜のみ営業 ※ランチタイム有 [休日]日・月 [席]1階8席、2階座敷11席 計19席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-5834-2440
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
 ジェラートとカクテルを楽しめるユニークな一軒。バーテンダーの高宮さん曰く「バーの仕事だけでなく、もっと幅広いスタイルにしたかったから」。
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
日々の疲れがスッととれそうな、温かくも落ち着いた雰囲気のバー。いつものスタンダードカクテルもいいけど、たまには気分を変えたい……そんなときは、店主の山谷頼子さんに自分の好みに応じたコーヒーカクテルを作ってもらおう。
銀座の一等地にありながらホッピーを売りにする。「55ホッピーとシャリキンの組み合わせはカクテルとして成立するから」とは店主の嘉茂太輔さんだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
今回は、ダイエットに最適な食品というわけではなく、チート的な話。 手軽でおいしいカップラーメンを1つ選べといわれたら、やはり日清の「カップヌードル」。 ダイエット中とはいえ、これを食べたくなるときがあるわけですよ……。
376views 脱メタボ

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt