MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

 いつでもモチシコな本格讃岐うどんが味わえ、行列が絶えない人気店だ。

おにやんま 五反田店(最寄駅:五反田駅)

エッジの立った麺にいりこダシが絡む
仕入れにこだわる伊吹いりことカツオ節のダシもいい。香川出身の副社長曰く「僕らが子どもの頃食べた味を」。

肉うどん(温『並盛』肉)
530円

うどんとダシの旨さを前提に好みで何を選ぶか。とり天、ちくわ天、半熟卵天など天種は人気。薄切りの肉も実に合う~

とり天うどん(温『並盛』とり天)
420円

おにやんま 五反田店の店舗情報

■『おにやんま 五反田店』
[住所]東京都品川区西五反田1-6-3
[TEL]なし
[営業時間]7時~翌3時(日・祝~24時)※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]JRほか五反田駅西口より徒歩1分

電話番号 なし
2018年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。
うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。
県民酒場ダウドン 清瀬北口店|埼玉県民のソウルフードに新展開!
 毎朝店で打つ麺は、厳選した数種類の小麦粉をブレンド。讃岐でも稲庭でもない、もっちりと弾力のある“第三の麺”だ。
愛知県のラーメンやつけ麺を語ろうとするとき、どうしても名古屋市内の店ばかりがクローズアップされるが、地方にも絶対の自信を持って勧められる店がある。 名古屋めしには欠かせない八丁味噌の産地として知られる岡崎市にある『つけめん舎 一輝 本店』もその一つだ。
またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。 なんと『レンジで簡単 オムライス』。 2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ! 包丁も、フライパンも使わず、お皿2枚だけでオムライス作りに挑戦です!!
程よい塩気と絶妙な肉の食感が特長のリエットは、バゲットにのせるだけで手軽に贅沢な一品に。軽く火を入れても美味で、ワインが欲しくなる味わいだ。
 「ぜひ見てください」。そう言って店主・中村さんが扉を開けたのは敷地内にある工房。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt