都内の立ち食いでは珍しい「関西風のうどん」を大森『麦の城』で!

都内の立ち食いでは珍しい「関西風のうどん」を大森『麦の城』で!

 かつて蒲田の駅構内で愛された『めん亭』の味を継承するというこちらは関西風。


麦の城(うどん/大森駅)

関西風のツユとコシ、癒されるわあ

ダシの利いた琥珀色のツユに青ねぎがたくさんのるのもいい。やさしいコシのうどんがぴったりだ!

かすうどん、温泉玉子 580円、70円

都内の立ち食いでは貴重な関西風。水菜や白髪ねぎ、茗荷がたっぷり。さらにスダチを搾って。「かす」の油分もいい感じ

麦の城の店舗情報

[住所]東京都大田区山王2-2-11 [TEL]03-3775-3277 [営業時間]6時半~23時半(土~21時55分、日・祝~17時55分)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR京浜東北線大森駅西口すぐ

電話番号 03-3775-3277
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

並んででも食べたい!牛込柳町『白河そば』の「ひもかわうどん」

おとなの週末「並んででも食べたい!立ち食いうどんの魔力」特集掲載店舗。


肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

肉うどんが530円!五反田の行列が絶えない人気うどん屋『おにやんま』

 いつでもモチシコな本格讃岐うどんが味わえ、行列が絶えない人気店だ。


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング