MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
卵のソムリエが厳選した“新鮮卵”が食べ放題!千石『喜三郎農場』

卵のソムリエが厳選した“新鮮卵”が食べ放題!千石『喜三郎農場』

ブランド卵の食べ比べ―。TKG好きならば誰しもが心くすぐられるハズ。

喜三郎農場(最寄駅:千石駅)

TKG好きにはまさに天国!各地のブランド卵を食べ比べ

それを実現できるのが写真の「たまごかけごはん御膳」だ。卵のソムリエ、通称“タマリエ”の資格を持つ店主・髙木さんが全国を食べ歩いて厳選した新鮮卵の食べ放題が付く。ラインナップは濃厚な甘みとコクを持つ群馬県産「ゆうやけ卵」や、南米原産の鶏の卵「アローカナ」、高知県・馬路村産の柚子をエサに育った爽やかな香りの「ゆずたま」など全8種類。それぞれに異なる味わいと香りをテイスティングするがごとくに楽しめる。ご飯が足りない? ならばどちらも食べ放題の「TKGおおまくれ御膳」(1200円)をどうぞ!

たまごかけごはん御膳
730円

定食はサラダ、味噌汁、お新香付き。さらに写真の明太子のほか、しらすや大葉の千切り、柚子胡椒などから好みのTKGトッピングを1種類チョイス

おまかせつくね三種盛
780円

大山どりを使ったつくね串は、写真のタルタルソース、明太子大葉、ねぎポン酢をはじめ11種類のバラエティに富んだ味を揃えている

甲州とりもつ煮
700円

新鮮なキンカン、砂肝、白レバなどをこっくり濃厚な醤油ダレで煮込んでいる。この煮込みが付く定食も人気メニューだ

お店からの一言

店主 髙木大地さん

「卵はあっさり系から濃厚系まで揃えています」

喜三郎農場の店舗情報

[住所]東京都文京区千石1-23-11 [TEL]03-3943-3746 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~23時(22時LO)、土・日11時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計32席/13時半以降は喫煙可/予約可/カード可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代300円別 [交通アクセス]地下鉄三田線千石駅A2出口から徒歩1分

電話番号 03-3943-3746
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt