MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ビブグルマン獲得店の、噂の“たまごふわふわ” 日比谷『立ち呑み 三ぶん』

ビブグルマン獲得店の、噂の“たまごふわふわ” 日比谷『立ち呑み 三ぶん』

静岡県・袋井市の名物として、注目を集めているのが、江戸時代から続く伝統料理「たまごふわふわ」だ。東海道五十三次の宿場であったこの地で、大阪の豪商・升屋平右衛門の朝食の膳に出された記録が残されている。

立ち呑み 三ぶん(最寄駅:日比谷駅)

ふわふわと優しい口当たり 江戸の庶民、憧れの味とは?

はたまた、京都・二条城で開かれた将軍家の饗応料理の献立の一品でもあったとか。卵が高級食材だった江戸庶民にとって、まさに憧れの味! レシピはダシ汁を溶いた卵でふんわり閉じた極シンプルなもの。同店では、創業時からの定番メニュー。鰹節ではなく、まろやかな旨みの鮪節からひいたダシに風味付けの煎り酒を加え、なめらかで優しい口当たりに仕上げている。2018年3月28日までは、「東京ミッドタウン日比谷」への移転準備中のため、近くにある姉妹店『離亭 三ぶん』でその味を堪能することも可能だ。

江戸前たまごふわふわ
540円

ふんわりトロトロの舌触り。卵のまろやかな甘みに、煎り酒の風味がマッチする。日本酒のつまみにもピッタリだ

エシレじゃがバター
540円

ダシ汁で炊いたジャガイモに高級バターをあしらった一品。

山わさび和え
432円

毛蟹サラダ
972円

甲羅の中には、ゆで玉子やキュウリ、セロリにカニのほぐし身をどっさり加えた贅沢なマヨネーズ和えが入っている

お店からの一言

店主 込山博之さん(左)副料理長 武井敏郎さん

「新しい店にぜひ足をお運びください!」

立ち呑み 三ぶんの店舗情報

東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷3階 [TEL]03-6273-3395 [営業時間]15時~23時(22時LO)、土12時~、日12時~22時(21時LO) [休日]施設の休館日に準ずる [席]スタンディングのみ/全席禁煙/予約不可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線日比谷駅直結、JR有楽町駅から徒歩5分 ※内観写真は移転前のものです。

電話番号 03-6273-3395
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt