MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】チュニジアの国民食が食べられる大久保「ラジュール」

【閉店】チュニジアの国民食が食べられる大久保「ラジュール」

サクサクの皮から黄身がとろ~ チュニジアで熱愛される国民食!「ブリックは日本人にとってのタコ焼きみたいな存在かな」。来日から約20年のオーナーシェフ・モラドさんはそう語る。

【閉店】ラジュール(最寄駅:大久保駅)

「どこの街にも店があって、その場で食べたりテイクアウトしたり。家庭でもよく作るよ」。ブリックとは、クレープ状の皮(日本では春巻きの皮で代用)に具材やマッシュポテトで土手を作り、生卵を割り入れ、油で揚げたチュニジアの国民食。ランチやおやつ、ディナーの前菜として親しまれているとか。最も旨い食べ方は三角形の底辺を上に手で持って、豪快にガブリ! やってみれば中から半熟トロトロの黄身があふれ出し、ジャガイモの風味を絶妙に引き立てる。あらかた食べたらフチのサクサク感を楽しんでフィニッシュだ。初めてなのに、どこか懐かしい味わい。一度食べればハマること間違いなし!

ツナのブリック
756円

中から半熟の黄身がトロ~。ツナ風味のマッシュポテトと絶妙の相性だ

キッシュ風タジン
1296円

ジャガイモやチーズ、玉ネギなどを混ぜて焼いたチュニジア風の玉子焼き

羊と野菜のクスクス
1512円

トマトで煮込んだ羊肉のダシをクスクスが吸って、風味豊かな味わい。野菜もたっぷりでボリューム満点だ

お店からの一言

オーナーシェフ ハジリ・モラドさん

「タジン料理もおススメです」

ラジュールの店舗情報

[住所]東京都新宿区百人町1-24-8 新宿タウンプラザビル2階 [TEL]03-3366-4004 [営業時間]18時半~24時(23時LO) [休日]日 [席]全18席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、コース以外はチャージ540円別 [交通アクセス]JR総武線大久保駅南口から徒歩2分

電話番号 03-3366-4004
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-06-10 11:34:48
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-05-21 11:07:13
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
更新: 2019-05-20 13:52:01
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
更新: 2018-12-28 18:00:00
最新の投稿
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
更新: 2019-06-19 12:00:00
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-18 12:00:00
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt