MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
もっちもちの【焼きスパ】が話題!浅草『スパゲッティストア カルボ』

もっちもちの【焼きスパ】が話題!浅草『スパゲッティストア カルボ』

浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。

スパゲッティストア カルボ(最寄駅:浅草駅)

麺の香ばしさがたまらない焼きスパの芸術品

もっちり弾力のある麺を強火でしっかり炒めるスタイルは、本格イタリアンとも日本のカルボナーラともベクトルの違う美味しさだ。食べ進みながらタバスコや胡椒、粉チーズ代わりのチーズパン粉などをかけて味変するのも楽しい。トッピングの一番人気という炙り塩ロースと味玉もトライしてみたい。

カルボ
800円(中)

卵、チーズ、牛乳、生クリームが入ったまろやかなカルボナーラ。たっぷりのバターが香る。中サイズでも麺400gのボリューム

炙り塩ロース味玉付き
500円

自家製の塩ロースと味玉は、夜は酒の友としても活躍する

お店からの一言

店長 宮本大地さん

「夜はお酒のつまみにもいいですよ」

スパゲッティストア カルボの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草3-42-6 大島ビル1階 [TEL]03-5603-0203 [営業時間]11時半~14時半LO、17時半~22時LO ※ランチタイム有 [休日]なし [席]計22席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩7分 ※雷門通りに姉妹店もあり

電話番号 03-5603-0203
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
秋葉原の「カフェ フレスカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。デカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。[住所]東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビル 地下1階 [TEL]03-3253-3800
イゾラ スメラルダ(ピザ/東京)|ピッツァイオーロ(ピザ焼き職人)の大関さんにナポリピッツァの極意をたずねると、「窯を熟知することですね」。巨大な石窯は、わざわざイタリアから職人を呼んで組み上げたもの。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt