人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。


うどん棒 大阪本店(最寄駅:大阪駅)

うどんダシで炊いたお揚げのじゅわっと感がどうにも堪らない愛すべき“おいなりさん”

いなりずし 穴子入り 320円 (2個)

「揚げの薄さ、柔らかさ、ご飯の炊き方、ご飯の味付け、具材の食感と味わいなど、いなり寿司を完成させるにはいくつもの関門がありますが、これは見事! それらをクリアした一品なのです」

うどん棒 大阪本店の店舗情報

[住所]大阪府大阪市北区梅田1-1-3 B200大阪駅前第3ビル地下2階 37-2 [TEL]06-6458-5518 [営業時間]11時~15時、17時半~21時、土・日・祝 11時~16時 ※麺が売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンター7席、テーブル12席 計19席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR東西線北新地駅から徒歩3分、JR大阪駅から徒歩5分

電話番号 06-6458-5518
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


極上のすき焼きがこの値段で食べられるなんて!四条『三嶋亭 大丸京都店』

極上のすき焼きがこの値段で食べられるなんて!四条『三嶋亭 大丸京都店』

京都寺町三条と打てば、自動的に『すき焼き 三嶋亭』と続くぐらいに知られた名店。ここでは熟達の仲居さんが一枚ずつ選び抜かれた牛肉を調理してくださいます。


『味吟 押上店』の遠方からも駆けつけるほど美味な「いなり寿司」!

『味吟 押上店』の遠方からも駆けつけるほど美味な「いなり寿司」!

食べ始めると止まらなくなる「いなり寿司」。押上の名店で、江戸を感じてみませんか?


関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!【麻婆豆腐】どっちが旨い!?

関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!【麻婆豆腐】どっちが旨い!?

赤い、赤い、見るからに、辛いっ!そう、今回のお題は、痺れる辛さの〈麻〉と、ヒリヒリ系辛さの〈辣〉が渾然一体と化する「麻婆豆腐」。いずれ劣らぬ東西のその味は、爽快なほどの辛さと、その奥に潜む奥深い旨さがカギのようです。 文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)


『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。


どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

目にすると、何故だかとてもシアワセな気持ちになる、黄色いハンカチならぬ、黄色い玉子をはさんだ〈玉子サンド〉。ごくごく平凡を装ったこのメニューは、見るたび、思い出すたび、妙~~に(無性に)食べたくなる、魔性の味なのです。文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング