エリア: 東京都

スパイス薫る!食欲そそる!都内で厳選「カレー 南蛮蕎麦」の店 5選

スパイス薫る!食欲そそる!都内で厳選「カレー 南蛮蕎麦」の店 5選

肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。


撮影/石井和明(やぶ久)、髙井 潤(ならや)、大西尚明(泰明庵)、鵜澤明彦(新橋てんか)、小澤晶子(朝松庵) 取材/井島加恵

日本橋 やぶ久(最寄駅:日本橋駅)

厳選した七味が生み出す奥深い旨みと辛みのカレー南蛮そば

辛口カレー南ばん 1134円

『日本橋 やぶ久』の看板メニューとも言えるカレー南蛮は、平成14年に4代目の高橋義明さんが受け継いでから多様な七味を取り入れ、辛さが普通・辛口・大辛・激辛の4種類になった。辛口は、ピリリとしたスパイシー感のあと、複雑な辛さがじわじわと攻めてくる。同時につゆの濃厚な旨みが溶け合い、「醤油に負けないように、ダシには特注の厚切りの鰹節を惜しみなく使っています」という高橋さんの言葉に納得。外二で打つ蕎麦の風味が調和の役目を果たし、辛さと旨みがこれまた絶妙なバランスになる。あっさりとキレがいい後味にも大満足だ。

カレーへのこだわり

カレー粉は辛くなるにつれ、炒める時間が長くなる。さらに、京都から取り寄せる7種類の七味を使い分けて辛さを調節している



[住所]東京都中央区日本橋2-1-19 [TEL]03-3271-0829 [営業時間]11時~16時(15時半LO)、17時~23時(22時半LO、土~21時半〔21時LO〕)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]54席/昼のみ全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通しなし [交通アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B7出口から徒歩1分

『日本橋 やぶ久』の詳細はこちら

ならや(最寄駅:池袋駅)

コクのある辛さに導く手間暇かけたルウが決め手

カレー南蛮(豚肉) 850円 (小ライス付き)

『ならや』で34年前の創業時から根強い人気を誇るのが、カレー南蛮だ。ひと口目は甘いと感じるが、徐々にスパイスの複雑な辛みが広がって、パンチが利いたダシの鰹風味が溶け合い、まろやかな味へと変化する。「常に研究を重ね、作り方を見直しています」と話す店主・奈良順一さんの真摯な姿勢が垣間見える。さらに、7年前に日本料理店で修業した2代目となる息子の卓也さんが加わってから、「ふぐ天とすだちのおろし香味蕎麦」1000円(11月~4月)など季節限定の蕎麦のファンも増えた。

カレーへのこだわり

独自に調合したカレー粉と、とろとろになるまで炒めた玉ネギを加えたカレールウの2種類を使うことで、まろやかな甘みに



[住所]東京都豊島区東池袋1-17-11 パークハイツ池袋1階 [TEL]03-3984-6705 [営業時間]11時~16時、17時~21時(20時半LO、11時~21時の営業の日もあり。日・祝~16時)※ランチタイム有 [休日]土 [席]26席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅東口から徒歩6分

『ならや』の詳細はこちら

泰明庵(最寄駅:銀座駅)

セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める

せりカレーそば 1200円

『泰明庵』で毎年10~3月頃に登場する「せりカレーそば」も、探究心旺盛な2代目・江端貞夫さんが偶然あったセリを入れてみたところ、相性の良さを発見したという。
そばとセリがよく絡むカレーはとろとろで、いわゆるカレーとは一線を画すカレー餡。口の中で濃厚なダシの風味が広がると同時に、セリのしゃきしゃき感が小気味いい。10月下旬からは、ゴボウのような歯触りのセリの根っこが加わる。魚屋時代の流れで刺身や旬の食材を使った料理も豊富なので、蕎麦前の時間も粋にゆったり楽しみたい。

カレーへのこだわり

カレー粉を加えるダシがポイント。前日から昆布を漬け、宗田節と鯖節、本削り節と本枯節などを別々に煮出してから合わせることでそれぞれの旨みを巧みに引き出す



[住所]東京都中央区銀座6-3-14 [TEL]03-3571-0840 [営業時間]11時半~21時(20時半LO、土~14時40分LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]52席/15時まで全席禁煙、15時以降2階は喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

『泰明庵』の詳細はこちら

新橋てんか(最寄駅:新橋駅)

本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮

昔ながら カレー南蛮 734円

『新橋てんか』は天ぷら蕎麦前とカレー南蛮の店として心機一転オープン。鰹節の香りが鼻をガツンと刺激する力強いスープに負けない存在感のある極太の蕎麦で、麺に絡みながら濃縮された魚介の旨みが溢れ出す。食べ進むにつれ、蕎麦の風味が馴染んでチーズのようなコクも出現する。「カレー南蛮専門で極めているところがないので挑戦しようと思った」との言葉通り、ここまでやるのかと驚きの連続だ。このこだわりは、蕎麦前あっての蕎麦との考えから、酒のつまみも一切妥協なし。

カレーへのこだわり

カレー粉を加えるダシがポイント。前日から昆布を漬け、宗田節と鯖節、本削り節と本枯節などを別々に煮出してから合わせることでそれぞれの旨みを巧みに引き出す



[住所]東京都港区新橋3-14-7 [TEL]03-6432-0285 [営業時間]11時~15時、17時半~23時半(23時LO)、土は夜のみ ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]20席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

『新橋てんか』の詳細はこちら

朝松庵(最寄駅:中目黒駅)

一子相伝の大切な味を生きている限り

カレー南蛮 700円

「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という『朝松庵』4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。材料を測るのもなんとすべて尺貫法だとか。黄色みがかったとろとろのカレーは、子供のファンも多いというやさしい口当たり。あとからじわじわ広がる辛みもほどよい。

カレーへのこだわり
注文が入る度に、3日かけて作ったカレー粉をダシで溶き、蕎麦のつゆを加えて一杯分ずつ作る。ダシに使う鰹節の量、そばの茹で時間などもすべて祖父直伝



[住所]東京都目黒区上目黒2-42-12 [TEL]03-3712-1807 [営業時間]11時半~15時、17時~20時半 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]26席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急東横線ほか中目黒駅東口から徒歩7分

『朝松庵』の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


週末に!昼から!深夜まで!呑める蕎麦屋グビッと一献 都内厳選6店

週末に!昼から!深夜まで!呑める蕎麦屋グビッと一献 都内厳選6店

【週末に、昼から、深夜まで こだわりの酒肴も揃えた呑める蕎麦屋でグビッと一献】昼酒。なんと魅惑ある響きだろう。昼の営業が少ない居酒屋では難しいが、蕎麦屋は別。昼間からクイッと楽しめるとは、なんたる至福。さらに週末にも呑める、深夜まで呑める。しかもこだわり蕎麦まであるという店、揃えました!


インスタ映えする”創作系”!新世代の蕎麦おすすめ 4店

インスタ映えする”創作系”!新世代の蕎麦おすすめ 4店

カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。


温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店

温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店

『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。


薫る蕎麦の風味を、いっそう堪能!そばがきに惹かれて 東京厳選3店

薫る蕎麦の風味を、いっそう堪能!そばがきに惹かれて 東京厳選3店

蕎麦屋の一品の中でもファンが多い〈そばがき〉は、なんといっても薫る風味が身上。また、形状や食感もさまざまで、店ごとの個性が窺えるのも面白い。そんな奥深い〈そばがき〉を、歴史も踏まえて考察してみたい。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


最新の投稿


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」


銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座・中央通りにあるオーセンティックなバーながら料理が充実しているこちら。なかでも料理長渾身の力作が名物の「カツサンド」。


ランキング


>>総合人気ランキング