『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

『人形町今半』の「すき焼き」は肉が溶けるように消える!

割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。


人形町今半(最寄駅:人形町駅)

磨き抜かれた技に身も心も肉も委ねてただ一心に堪能することに集中できる名店

小鉢に溶いた卵に肉を落として、口に運ぶ。焼けた香ばしさが鼻を揺すります。脂の甘みが舌に広がり、割り下の甘辛味、卵の甘みが追いかけ、うっとりとした気分を呼ぶ。肉は溶けるように消えていき、脂は舌に残ることなく、すうっと切れていく。これぞまさにスキヤキの醍醐味です。

すき焼定食 3780円(昼の定食)

写真の副菜は2人前。お昼の定食でも仲居さんが付いてくれるのはうれしい限り。

昼の定食の肉は1人前3枚

〆の“ふわ玉ご飯”も絶品で、これも仲居さん手ずから。

人形町今半の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-9-12 [TEL]03-3666-7006 [営業時間]11時~22時(平日は15時~17時CLOSE)※土・日・祝のランチは~16時 ※ランチタイム有 [休日]元旦 [席]1階(鉄板焼) 40席、2階 60席、計100席/禁煙(個室のみ喫煙可)/予約可/カード可/サ 昼は予約の場合10%(※上記メニューは予約不可)、夜10% [交通アクセス]地下鉄日比谷線人形町駅 A1出口から徒歩1分

電話番号 03-3666-7006
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


おいしい往復書簡 人形町駅

関連する投稿


極上のすき焼きがこの値段で食べられるなんて!四条『三嶋亭 大丸京都店』

極上のすき焼きがこの値段で食べられるなんて!四条『三嶋亭 大丸京都店』

京都寺町三条と打てば、自動的に『すき焼き 三嶋亭』と続くぐらいに知られた名店。ここでは熟達の仲居さんが一枚ずつ選び抜かれた牛肉を調理してくださいます。


人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

人気店『うどん棒 大阪本店』は「おいなりさん」も旨すぎる!

うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。


『味吟 押上店』の遠方からも駆けつけるほど美味な「いなり寿司」!

『味吟 押上店』の遠方からも駆けつけるほど美味な「いなり寿司」!

食べ始めると止まらなくなる「いなり寿司」。押上の名店で、江戸を感じてみませんか?


関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!【麻婆豆腐】どっちが旨い!?

関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!【麻婆豆腐】どっちが旨い!?

赤い、赤い、見るからに、辛いっ!そう、今回のお題は、痺れる辛さの〈麻〉と、ヒリヒリ系辛さの〈辣〉が渾然一体と化する「麻婆豆腐」。いずれ劣らぬ東西のその味は、爽快なほどの辛さと、その奥に潜む奥深い旨さがカギのようです。 文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)


どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

どっちが旨い!?【玉子サンド】関東(マッキー牧本)vs 関西(門上武司)対決!

目にすると、何故だかとてもシアワセな気持ちになる、黄色いハンカチならぬ、黄色い玉子をはさんだ〈玉子サンド〉。ごくごく平凡を装ったこのメニューは、見るたび、思い出すたび、妙~~に(無性に)食べたくなる、魔性の味なのです。文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)


最新の投稿


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」


銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座・中央通りにあるオーセンティックなバーながら料理が充実しているこちら。なかでも料理長渾身の力作が名物の「カツサンド」。


ランキング


>>総合人気ランキング