MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ウィーンの五つ星ホテルの味が六本木の紅茶店でも味わえる!

ウィーンの五つ星ホテルの味が六本木の紅茶店でも味わえる!

デンメアティーハウス六本木| オーストリア・ウィーンが本店の「デンメアティーハウス」。赤を基調とした店内は上品かつ、落ち着いた雰囲気で、紅茶をゆっくりと味わえる空間だ。

デンメアティーハウス六本木(最寄駅:六本木駅)

香り高い紅茶を飲み心地のよいオリジナルカップで

 紅茶は、新鮮な茶葉を自社でブレンドするためとても香り高い味わい。フレーバードティーを得意とし、ウィーンの五つ星ホテル「ホテルザッハー」で提供される「ザッハブレンド」も手がける。ドイツでマイスターを取得したパティシエが作るスイーツと味わえば、ウィーン旅行気分に浸れそうだ。

ザッハブレンド
800円

ジャスミンの蕾とベルガモットの香りで、スッキリした味の紅茶。ずっしりと濃厚なザッハトルテと相性がいい

ザッハトルテ
550円

アイリッシュドラム
800円

アイリッシュウイスキーの甘い香りが大人向け

お店からの一言

スタッフ 小倉優愛子さん

「天然香料なので飲むと柔らかい印象の紅茶です」

デンメアティーハウス六本木の店舗情報

[住所]東京都港区六本木7-21-22 セイコー六本木ビル1階 [TEL]03-5772-1812 [営業時間]11時~19時(18時半LO)※ランチタイム有 [休日]日(※4月1日以降は無休) [席]テーブル15席/全席禁煙/平日予約可/カード可 [交通アクセス]地下鉄日比谷線六本木駅2番出口から徒歩5分

電話番号 03-5772-1812
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
インドの一流茶園の茶葉を中心に揃える紅茶専門店だが、お客さんの大半がかき氷目当てに、連日列をなしている。「特選ダージリン」は、目の前に置かれただけで芳しい香りが鼻腔をくすぐるような、珠玉の逸品。
The tee TOKYO supported by MLESNA TEA|天井の高い店内で、ゆったりとした気分でいただけるのは、スリランカの『ムレスナティー』。ヌワラエリア産の有機栽培の若葉に、天然香料を用いハンドブレンドするフレーバーティーで、世界的にも高い評価を得ている紅茶ブランドだ。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
レストランテのシェフやウェイターが常連。そんなお店がある。 彼らが足を運ぶ理由は通常より安価でワインを提供してくれるからだ。 そのお店こそが、大阪は東心斎橋にあるワインバー「Pinot Noir(ピノ・ノワール)」。 ワイン通の間では、実に知られたお店なのだ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田(こごた)駅を基点に海に面した石巻駅を経由して海沿いを進み、女川駅を繋いでいます。 東日本大震災でたいへんな被害を受けた宮城県の女川市と石巻線。 あの日から約8年の歳月が過ぎました。 女川駅と駅前は、新たな街として復興。名産のカキもたっぷりと味わうことができました。
店主は蕎麦懐石の名店「無庵」出身。料理長を経て、2017年に、この店をオープンした。
取り扱うのはあんぱんのみ。シンプルなものも美味しいが、人気は写真の2品。東京駅外壁のレンガを模した「東京レンガぱん」の中は、こしあんと白あん入り特製ホイップクリーム。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt