MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
表参道の隠れ家的カフェ『月光茶房』の紅茶とシフォン・ケーキ

表参道の隠れ家的カフェ『月光茶房』の紅茶とシフォン・ケーキ

 1989年から表参道の裏通りに店を構える隠れ家的喫茶店。店主・原田さんの「珈琲も紅茶も高いレベルの味で提供したい」という思いで、創業当時よりブレンドされていない、シーズンティーを提供している。

月光茶房(最寄駅:表参道駅)

喧騒から離れた隠れ家的店内で芳しき紅茶を

 紅茶は長年の勘で、気泡を見極め、適度に空気を含ませた湯で抽出。蒸らしの時間に茶葉をジャンピングさせるためだ。有田焼のカップに注がれたダージリンは香り甘く、味はふくよか。店の歴史が紅茶の味に、より奥行きを与えているようだ。

ダージリン
600円

アイス・マサラ・ティ
700円

シナモンが香る「アイス・マサラ・ティ」は軽やかな飲み心地

本日のシフォン・ケーキ
300円

取材時はオレンジのシフォン。爽やかで紅茶と合う

お店からの一言

店主 原田正夫さん

「季節毎に変わる紅茶の味を堪能できます。」

月光茶房の店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前3-5-2 EFビル地下1階 [TEL]03-3402-7537 [営業時間]13時~21時 [休日]土・日・月、不定休 [席]カウンター10席/全席禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか表参道駅A2出口から徒歩5分

電話番号 03-3402-7537
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ッド・ロースターの宗島さんによれば、焙煎は「浅めかもしれませんがバランス重視。豆に合わせて自然な甘みと明るい酸味のフレーバーが出るように」とか。
更新: 2019-05-14 15:58:29
【閉店】神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。
更新: 2019-04-26 09:29:56
電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。
更新: 2018-12-15 12:00:00
JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。
更新: 2018-12-14 18:00:00
高円寺『サルトリイバラ喫茶室』|印象的なブリティッシュグリーンの壁の色、明治~昭和にかけて作られたデッドストックのカップ。男性ひとりで訪れても絵になる空間でいただけるのは、国内各地で作られた無農薬の国産紅茶(和紅茶)だ。
更新: 2018-12-08 12:00:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt