いま大注目の蔵前エリア!mano cafeの「和紅茶」でひと息。

いま大注目の蔵前エリア!mano cafeの「和紅茶」でひと息。

 新進気鋭のアトリエやショップが増え、注目されている蔵前エリア。この一角で2017年3月にオープン、紅茶は和紅茶のみを取り扱うのがこちらのお店だ。


mano café|マノ カフェ(最寄駅:蔵前駅)

繊細な渋みの和紅茶を楽しめる下町のカフェ

さっぱりとして渋みが少なく飲みやすい佐賀県産の「嬉野アールグレイ」、力強い味わいで乳製品との相性が良く、クレームブリュレなどスイーツに仕立てても風味が残る、三重県産の「伊勢紅茶」など、個性豊かな紅茶が揃う。下町散策中、ひと息つきたい時にぜひ訪れたい。

嬉野アールグレイ 600円

伊勢紅茶のクレームブリュレ 480円

生クリーム多めのリッチなクレームブリュレと紅茶は好相性

伊勢紅茶 650円

2杯目にミルクを。濃厚な味わいになる

ひき肉のカレー季節の野菜添え 950円

ルウはサラサラで、口に入れた瞬間は辛く、あと味が甘い。米は地元の老舗米穀店の「隅田米」を使用

mano cafeの店舗情報

[住所]東京都墨田区本所 1-20-5 [TEL]03-6658-5863 [営業時間]11時~18時(17時LO)※ランチタイム有 [休日]日・月 [席]カウンター8席、テーブル16席の計24席 /全席禁煙/予約不可/カード不可 [交通アクセス]都営大江戸線蔵前駅A7出口から徒歩10分

電話番号 03-6658-5863
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


“自分時間”を堪能したいなら「無農薬 国産紅茶&癒しの空間」はいかが?

“自分時間”を堪能したいなら「無農薬 国産紅茶&癒しの空間」はいかが?

高円寺『サルトリイバラ喫茶室』|印象的なブリティッシュグリーンの壁の色、明治~昭和にかけて作られたデッドストックのカップ。男性ひとりで訪れても絵になる空間でいただけるのは、国内各地で作られた無農薬の国産紅茶(和紅茶)だ。


紅茶と料理がこんなに相性抜群だったなんて!白山『喫茶おとら』

紅茶と料理がこんなに相性抜群だったなんて!白山『喫茶おとら』

紅茶と共に、食事もしっかり食べられるお店。例えば、人気の「喫茶おとらの魯肉飯」。


牛込神楽坂の究極の「ホットケーキ」と高評価の「紅茶」!!

牛込神楽坂の究極の「ホットケーキ」と高評価の「紅茶」!!

The tee TOKYO supported by MLESNA TEA|天井の高い店内で、ゆったりとした気分でいただけるのは、スリランカの『ムレスナティー』。ヌワラエリア産の有機栽培の若葉に、天然香料を用いハンドブレンドするフレーバーティーで、世界的にも高い評価を得ている紅茶ブランドだ。


表参道の隠れ家的カフェ『月光茶房』の紅茶とシフォン・ケーキ

表参道の隠れ家的カフェ『月光茶房』の紅茶とシフォン・ケーキ

 1989年から表参道の裏通りに店を構える隠れ家的喫茶店。店主・原田さんの「珈琲も紅茶も高いレベルの味で提供したい」という思いで、創業当時よりブレンドされていない、シーズンティーを提供している。


ウィーンの五つ星ホテルの味が六本木の紅茶店でも味わえる!

ウィーンの五つ星ホテルの味が六本木の紅茶店でも味わえる!

デンメアティーハウス六本木| オーストリア・ウィーンが本店の「デンメアティーハウス」。赤を基調とした店内は上品かつ、落ち着いた雰囲気で、紅茶をゆっくりと味わえる空間だ。


最新の投稿


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」


銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座・中央通りにあるオーセンティックなバーながら料理が充実しているこちら。なかでも料理長渾身の力作が名物の「カツサンド」。


ランキング


>>総合人気ランキング