MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
牛込神楽坂の究極の「ホットケーキ」と高評価の「紅茶」!!

牛込神楽坂の究極の「ホットケーキ」と高評価の「紅茶」!!

The tee TOKYO supported by MLESNA TEA|天井の高い店内で、ゆったりとした気分でいただけるのは、スリランカの『ムレスナティー』。ヌワラエリア産の有機栽培の若葉に、天然香料を用いハンドブレンドするフレーバーティーで、世界的にも高い評価を得ている紅茶ブランドだ。

The tee TOKYO supported by MLESNA TEA(最寄駅:牛込神楽坂駅)

華やかで香り高いフレーバーティーを心ゆくまで楽しめる

 この店で飲む紅茶は、カップが空く度に店員が100種類以上の中から、オススメの紅茶を注いでくれる『ティーフリー』が基本。フルーツ系、キャラメル系など、香り高く良質な味に次々と出合えるのが楽しい。紅茶とうまく寄り添うよう、ホットケーキのソースや、サラダのドレッシングにまで紅茶を使うなど、工夫が凝らされている点にも注目したい。

関西では、2~3時間待ちの人気ぶり。この店では東京の旗艦店として2017年4月にオープン。

MLESNAティーフリー
1000円

究極のホットケーキ
1200円

生地そのものがほのかに甘い『究極のホットケーキ』は、銅板で15分かけて焼き上げる

コンチネンタルロイヤルミルクティー(ホットティー付)
1400円

紅茶とふわふわの生クリームのコクがベストマッチの一杯

オリジナルサンドウイッチ
1500円

パンにはベーコンとチェダーチーズ、ゴマを練り込んでいる。ベーコンと具のマッシュポテトが相性抜群

MLESNAアイスティー(ホットティー付)
1200円

お店からの一言

店長 下村 力さん

「紅茶の香りが漂うカウンター席もオススメですよ」

The tee TOKYO supported by MLESNA TEAの店舗情報

[住所]東京都新宿区箪笥町30 [TEL]03-6280-7305 [営業時間]11時~20時(19時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンター8席、テーブル26席 計34席/全席禁煙/予約不可/カード可 [交通アクセス]都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口から徒歩2分

電話番号 03-6280-7305
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デンメアティーハウス六本木| オーストリア・ウィーンが本店の「デンメアティーハウス」。赤を基調とした店内は上品かつ、落ち着いた雰囲気で、紅茶をゆっくりと味わえる空間だ。
更新: 2018-11-30 10:20:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt