東秋葉原『貝とぬる燗 潮音』の貝が濃厚で旨すぎてハマる人続出中!

東秋葉原『貝とぬる燗 潮音』の貝が濃厚で旨すぎてハマる人続出中!

「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。


貝とぬる燗 潮音(最寄駅:秋葉原駅)

魚介×日本酒 杯がついつい進む酒肴が勢揃い

魚介類は、店主自らが築地へ足を運び仕入れるため、メニューは日替わり。貝の旨みや甘みを引き立てる日本酒は約20種を揃えられ、料理や食べ方に合わせて選びたい。魚介の滋味に舌鼓を打つこと間違いなしの一軒だ。

鮮魚と貝のお刺身セット 3240円(写真は2人前。オーダーは2人前から)

季節や日により内容は異なるが10種類ほど供される「お刺身セット」。この日は「ヒラメ」や「アイナメ」のほか、脂のりの良い自慢の「生さば」も

今夜のおつまみ3点盛り(柿とクリームチーズの白和え、甘海老の沖漬け、ふきのとうと貝の肝煮) 1382円~

貝肝の濃厚な旨みにほろ苦いフキノトウが絡む「肝煮」など、季節感が楽しめて、酒が進む逸品が揃う

生牡蠣 1個302円~

店主厳選の牡蠣は1年中いただける。美味しさにこだわり、安心と安全も徹底

お店からの一言

店主 山本 怜さん(右)料理長 鶴賀谷伸太郎さん(左)

「魚・貝は毎朝、厳しく目利きして納得できるものを仕入れています」

貝とぬる燗 潮音の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田松永町17-3 地下1階 [TEL]080-5514-1239 [営業時間]18時~23時(22時半LO) [休日]日 [席]12席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代518円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩4分

電話番号 080-5514-1239
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


アキバの喧騒とは別空間のレトロ喫茶、西秋葉原『珈琲 庵』

アキバの喧騒とは別空間のレトロ喫茶、西秋葉原『珈琲 庵』

電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。


思わず立ち寄ってしまう「老舗の純喫茶」、西秋葉原『珈琲 明石屋』

思わず立ち寄ってしまう「老舗の純喫茶」、西秋葉原『珈琲 明石屋』

JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。


おひとり様も入りやすい!定番酒肴でほっこり呑む、西秋葉原『赤津加』

おひとり様も入りやすい!定番酒肴でほっこり呑む、西秋葉原『赤津加』

秋葉原のど真ん中にありながら、古き良き昭和の風情を残す老舗居酒屋。鶏もつ煮込みなど昔からの定番つまみが揃う他、旬の食材を使用した日替わりの酒肴も用意。


インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

“野菜とワイン”がコンセプトのビストロ。まず驚かされるのが植木鉢にぎっしり詰め込まれた野菜とフルーツの数々。


こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

元中学校を利用した文化施設内に2017年6月オープン。フレンチをベースに、シジミや白子、柚子、黒七味など、和の食材や調味料を巧みに織り交ぜた、粋を感じさせるメニューが楽しめる。


最新の投稿


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」


銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座・中央通りにあるオーセンティックなバーながら料理が充実しているこちら。なかでも料理長渾身の力作が名物の「カツサンド」。


ランキング


>>総合人気ランキング