MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東秋葉原のオシャレで粋な「ネオ酒場」の代表格、『酒場 晩葡』!

東秋葉原のオシャレで粋な「ネオ酒場」の代表格、『酒場 晩葡』!

東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。

酒場 晩葡(最寄駅:秋葉原駅)

ダイニングと酒場いいとこ取りの使い勝手の良さ

秋葉原で6店舗を展開する『葡萄屋』グループの最新店は、お値打ちメニューが並ぶ酒場だ。 「ハムカツ」(450円)などの定番に加え、「トリュフのだし巻」(800円)など、遊び心もあるメニューを供する。シニアソムリエの店長が料理に合わせてセレクトしたワインや、厳選された日本酒など、お酒の種類が豊富なのも特徴。使い勝手が良く、飽きのこない店だ。

大人の肉じゃが
1350円

A5ランクの黒毛和牛をふんだんに使った贅沢な「肉じゃが」。砂糖未使用で、肉と野菜の甘みを引き出した技に拍手!

和豚もち豚のもつ刺し盛り合わせ
600円

鮮度の良い「もつ刺し」は土佐醤油または胡麻塩で。

チゲポテサラ
450円

「チゲポテサラ」は、牡蠣などの魚介ダシとキムチが利いている

お店からの一言

料理長 真船 卓さん(左)グループ統括 総料理長 仲野健児さん(右)

「魚介もお肉も店で丁寧に仕込んでいます。間口の広さも自慢です」

酒場 晩葡の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-38 大陽ビル1階 [TEL]03-5809-2345 [営業時間]16時半~23時(22時LO)、土16時半~22時(21時LO) [休日]日 [席]計40席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代350円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩3分

電話番号 03-5809-2345
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「お茶は本来日本人に身近なものだと思うんですが、最近は茶葉から淹れる機会も少ない。もっとていねいに淹れてやれば、お茶割りはもっと地位向上できるんじゃないかと」
更新: 2019-03-04 18:00:00
使い込まれた南部鉄器の鉄瓶から柄杓で湯をすくい急須に入れる。その佇まいがすでにいいじゃないか。
更新: 2019-03-03 18:00:00
店名通り、トロットロの豚の角煮が名物で、お楽しみなので書かないけど、食べ方にも一工夫あり。で、角煮やお刺身とも抜群の相性なのが「コウバシ茶割り」。
更新: 2019-03-02 18:00:00
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00