大人気!!「白海老唐揚」で酒がグイグイ進む!秋葉原『杉のあかり』

大人気!!「白海老唐揚」で酒がグイグイ進む!秋葉原『杉のあかり』

 立派な一枚板の「神代杉」に迎えられる和食店。店主の出身地・富山県を中心とした北陸の幸を揃え、魚介類は主に魚津漁港から直送されるものを使用し、刺身や焼きなどで堪能できる。


北陸旬菜 杉のあかり(最寄駅:秋葉原駅)

落ち着いた店内で北陸の旬を味わう至福のひと時

酒も地元から取り寄せ、希少銘柄も並ぶ。 夕方18時半までは「あかりアワー」。「立山」などがグラスなみなみに注がれて1杯302円。小鉢も付いて超お得だ。お通しは3品盛られており、それだけでも酒がグイグイ進むことだろう。

白海老唐揚 750円

繊細な美味しさの「白海老唐揚」は一番人気。

北陸珍味三種盛(ほたるいか沖漬、イカスミ塩辛、甘エビ塩辛) 680円

北陸利き酒 純米酒セット 735円

「利き酒セット」は時折内容が変更される

氷見牛朴葉焼き 1380円

「朴葉焼き」は、柔らかな内モモを使用。白髪ねぎと桜味噌で赤身の旨みがより凝縮

(昼)海鮮丼と温うどん 850円

日替わりで5種類以上の具材がのる「海鮮丼」。ご飯は富山県産コシヒカリ

お店からの一言

店長 杉野永幸さん

「様々な個性が揃う北陸の食材を使っています。豊かな恵みをぜひ!」

北陸旬菜 杉のあかりの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田平河町1 第三東ビル地下1階 [TEL]03-3866-9715 [営業時間]月~金11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時半LO)、金・祝前日17時~23時45分(23時LO)、土17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、第3土[席]計52席/ランチのみ全席禁煙/予約可/カード可/サ216円、お通し代324円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩1分

電話番号 03-3866-9715
2018年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


グルメライターが語る!魅力的なお店だらけの「秋葉原」のレポート秘話!

グルメライターが語る!魅力的なお店だらけの「秋葉原」のレポート秘話!

秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。


アキバの喧騒とは別空間のレトロ喫茶、西秋葉原『珈琲 庵』

アキバの喧騒とは別空間のレトロ喫茶、西秋葉原『珈琲 庵』

電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。


思わず立ち寄ってしまう「老舗の純喫茶」、西秋葉原『珈琲 明石屋』

思わず立ち寄ってしまう「老舗の純喫茶」、西秋葉原『珈琲 明石屋』

JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。


おひとり様も入りやすい!定番酒肴でほっこり呑む、西秋葉原『赤津加』

おひとり様も入りやすい!定番酒肴でほっこり呑む、西秋葉原『赤津加』

秋葉原のど真ん中にありながら、古き良き昭和の風情を残す老舗居酒屋。鶏もつ煮込みなど昔からの定番つまみが揃う他、旬の食材を使用した日替わりの酒肴も用意。


インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

“野菜とワイン”がコンセプトのビストロ。まず驚かされるのが植木鉢にぎっしり詰め込まれた野菜とフルーツの数々。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング