MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大人気!!「白海老唐揚」で酒がグイグイ進む!秋葉原『杉のあかり』

大人気!!「白海老唐揚」で酒がグイグイ進む!秋葉原『杉のあかり』

 立派な一枚板の「神代杉」に迎えられる和食店。店主の出身地・富山県を中心とした北陸の幸を揃え、魚介類は主に魚津漁港から直送されるものを使用し、刺身や焼きなどで堪能できる。

北陸旬菜 杉のあかり(最寄駅:秋葉原駅)

落ち着いた店内で北陸の旬を味わう至福のひと時

酒も地元から取り寄せ、希少銘柄も並ぶ。 夕方18時半までは「あかりアワー」。「立山」などがグラスなみなみに注がれて1杯302円。小鉢も付いて超お得だ。お通しは3品盛られており、それだけでも酒がグイグイ進むことだろう。

白海老唐揚
750円

繊細な美味しさの「白海老唐揚」は一番人気。

北陸珍味三種盛(ほたるいか沖漬、イカスミ塩辛、甘エビ塩辛)
680円

北陸利き酒 純米酒セット
735円

「利き酒セット」は時折内容が変更される

氷見牛朴葉焼き
1380円

「朴葉焼き」は、柔らかな内モモを使用。白髪ねぎと桜味噌で赤身の旨みがより凝縮

(昼)海鮮丼と温うどん
850円

日替わりで5種類以上の具材がのる「海鮮丼」。ご飯は富山県産コシヒカリ

お店からの一言

店長 杉野永幸さん

「様々な個性が揃う北陸の食材を使っています。豊かな恵みをぜひ!」

北陸旬菜 杉のあかりの店舗情報

[住所]東京都千代田区神田平河町1 第三東ビル地下1階 [TEL]03-3866-9715 [営業時間]月~金11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時半LO)、金・祝前日17時~23時45分(23時LO)、土17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝、第3土[席]計52席/ランチのみ全席禁煙/予約可/カード可/サ216円、お通し代324円別 [交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩1分

電話番号 03-3866-9715
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
神楽坂の割烹の水準は高い。ちょっと気張らないと行けない店が多いのが事実。
更新: 2019-08-13 12:00:00
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt