MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

“野菜とワイン”がコンセプトのビストロ。まず驚かされるのが植木鉢にぎっしり詰め込まれた野菜とフルーツの数々。

オレンチ(最寄駅:秋葉原駅)

野菜が旨い!ワインが進む!!店主が楽しい!!!

これがお通しで、1人前380円! 酸味が爽やかなイチゴのカプレーゼやパルミジャーノチーズを粉雪のごとくふりかけた野菜のフリットなど、料理はどれも技が利いて文句ナシの旨さだ。

50種類ほど揃うワインはグラス500円から。店主のトークも軽妙で、思わず立ち寄りたくなる魅力に満ち溢れている。

野菜のフリット盛り・チーズ
880円

米ナスやズッキーニ、オクラ、アスパラなどのフリットにチーズをこんもり。ワインは御徒町で2017年11月にオープンしたワイナリー「BookRoad~葡萄人~」の「北天の雫」4900円(ボトル)

本日の付きだし
380円※写真は2人前

イチゴやドラゴンフルーツ、パプリカなど10種類以上。内容は季節替わり。セミドライトマトを利かせたディップも美味

丸ごとブラータとイチゴのカプレーゼ
1280円

イチゴのピクルスとフレッシュチーズのブラータは高相性。イチゴの他、マンゴーのバージョンがある

お店からの一言

店主 斉木 学さん

「“おもしろい”店をやっています。どうぞ気軽にいらしてください!」

オレンチの店舗情報

[住所]東京都千代田区外神田6-16-3 国際6163ビル1階 [TEL]03-6803-2814 [営業時間]18時~24時(23時LO)、月・火・木・金11時半~14時※売り切れ次第終了※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]計20席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、付きだし380円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩4分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩12分

電話番号 03-6803-2814
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
地元客や観光客で賑わう軽井沢の人気レストラン『RK GARDEN』。その姉妹店が、昨年9月にお目見えした。
更新: 2019-05-14 15:39:09
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-05-16 10:52:50
 仕込みや調理に手間はかけても見た目や味付けはシンプルに。牛、豚、鴨、季節で鹿や猪などを使い、ローストやステーキといった直球勝負の肉料理に仕上げてくれる。
更新: 2019-05-20 13:32:03
「お客さん同士が仲良くなれる店に」と笑顔で話すのは店主の保坂さんと妻の礼子さん。開店1年ながら「ローグ」=いたずらっ子の店名通り、仲良し夫妻の元にお茶目な常連客が集まる繁盛店だ。
更新: 2019-05-20 13:34:27
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt