MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

至福の鯖百選[3] 水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!

サバ水揚げ量日本一を誇る千葉県銚子市。そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。 漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバがとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中……!

水揚げの1パーセント! ミラクルな美味しさを堪能できる 「銚子極上さば料理祭」開催中!


サバ水揚げ量日本一を誇る、千葉県銚子市。

そのなかでも、最も脂がのった秋に水揚げされる、700グラム以上の大型サバが「銚子極上さば」。

漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバだ。



そんなサバをとことん楽しめる「第9回 銚子極上さば料理祭」が開催中! 

2019年1月31日まで、銚子市内4店舗、旭市1店舗、茨城県神栖市1店舗で「極上さば料理コース」を堪能できるのだ。

また、お土産にぴったりの極上さばの「文化干し」「開き干し」も販売している。
 

[銚子港の漁獲量全体のたった1パーセントという貴重なサバ「極上さば」。会員自ら港で選別!]



銚子のサバの多くは、じつは加工品として利用されていた。

サバは、地元では獲れすぎてありがたみのない「下魚」扱い。

そんなサバで銚子の町を盛り上げられないかと立ち上がったのが、地元の飲食店やホテルなどの有志で結成する「銚子うめぇもん研究会」だ。

銚子に行かなければ食べられないサバ料理を! と研究した結果、目指したのが「サバの生食」。

サバは、関東以北では寄生虫対策のため、必ず冷凍する必要がある。

研究会ではこのステップに際して使用する「熟成塩タレ」を開発した。

このタレにつけてから冷凍すると、解凍しても生と遜色のない新鮮な食感が味わえる。

そればかりか、なんとむしろ熟成して、生より美味しさに仕上がるのだ。

研究会では、この「ミラクルなタレ」を極上さばに使用して「極上さば料理」を誕生させた。


これがとんでもなく美味しい!

極上さば料理祭で楽しめる、サバ料理はこちら!


■極上トロさば刺身

[熟成塩タレで仕上げた極上さばはは、新鮮そのもの! 加えて旨みあふれる、とろけるような熟成サバに変身している。うっとり(涙)]


■銚子醤油の漬けさば

[銚子特産の濃口醤油をベースにした特製のタレで漬けに。くー、日本酒くれー!]


■秘伝さば味噌煮

[だし醤油で煮てから、白味噌、田舎味噌で味付け。サバはふっくらとろっ。そしてどこまでもまあるい味わいの味噌煮。癒される(涙)]


■極上さばのつみれ汁

[ふわふわのサバつみれと、旨みが染み出た汁の味わいがたまらない!]


■極上さば寿司

[酢飯と一体となってとろけるような舌触り。「サバ寿司界のシフォンケーキ」と呼びたい絶品!]




そして、じつはビッグニュースがある。

なんと、「極上さば」の超高級缶詰がデビューする。

貴重な極上さばを手詰めで仕上げた「極上」なサバ缶は、値段も「極上」! 

日本一高い、1個1500円! 

だけど、もちろん味も極上!

2019年1月以降、限定で発売を予定している。


日本でいちばん新しいサバ缶の登場も楽しみな、極上さばを味わいにぜひ、銚子へゴー!

銚子うめぇもん研究会
https://sabalover.jimdo.com/
※12月8日(土)10~15時まで、銚子電鉄犬吠駅前広場にて極上さば寿司や、極上さばの干物、
極上さばのつみれ汁などを販売するイベントも実施。







池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「お嬢サバ」」は、JR西日本と鳥取県が共同開発した完全養殖マサバ。地下海水を使い陸上養殖することで、寄生虫が付きにくい養殖方法で大切に育てられたサバは、安心安全にお刺身で堪能できる。クセがなく、すっきりした脂のりで、白子や真子も楽しめるが魅力だ……。
更新: 2019-04-08 16:05:00
サバ缶が限りなく多彩化するいま、また新たな味わいの絶品サバ缶がデビューした。味付けはなんと「タレ」!  3月21日に発売になった「八戸サバ缶バー」新作の魅力をご紹介!
更新: 2019-03-27 15:55:00
最近、研究会の活動から生まれたサバグルメが全国的に一躍注目を集めている。「イベントなどで楽しんでもらえる『因幡の塩鯖』を使った料理を」と開発した『純サバカレー』だ。 実は、鳥取市で高い消費量を誇るのは全国5位のサバだけではない。なんとカレールー消費量が堂々の日本一! 無類のカレー好き市民でもあったのだ……。
更新: 2019-03-11 16:16:04
鳥取市のサバ消費量は、全国5位。地元民が愛してやまないのは、100年の歴史があるといわれる「因幡の塩鯖」。そして、そんなサバで町を盛り上げているのが、市内の飲食店などで結成された「鳥取鯖食推進研究会」だ。
更新: 2019-02-05 16:05:00
ここしばらく「サバグルメ洋風化現象」が起きているなか、「サバと洋酒」シーンがもっと盛り上がってもいいはずだ。 サバと洋酒を極めなければ!と思っていた矢先に、ビッグニュースが飛び込んできた。なんと、キリンビールのビアレストラン『キリンシティ』が最高にビールに合う「サバ料理」を開発! これは行くしかない!!!
更新: 2019-02-02 17:13:35
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt