MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(73) 吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(73) 吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件

吉祥寺には、北欧を代表するキャラ=ムーミンのスイーツ&ドリンク系テイクアウト専門店『Mスタンド』や、北欧ドーナッツの『A』、北欧レストラン『A』、そのほかに北欧系雑貨の店も多い。というワケで、大正通りの一部分は『北欧通り』とも言われているのであった! 

吉祥寺は東京の北欧だ! だって『moi』があるから、の件


吉祥寺は東京の北欧である。

ちなみに、おっさん女子の私が勝手に決めたことではありません……。

吉祥寺には、北欧を代表するキャラ=ムーミンのスイーツ&ドリンク系テイクアウト専門店『Mスタンド』や、北欧ドーナッツの『A』、北欧レストラン『A』、そのほか、北欧系雑貨の店も多い……。

というワケで、大正通りの一部分は『北欧通り』ともいわれているのであった! 

さらに不定期開催で、12月に『北欧WALK』というのがあって、吉祥寺にある北欧関連の店巡りをすると、ちょっと得しちゃうっていうイベントがあるのよ。

2017年12月は、けっこう大がかりにやっていたけど、毎年やっているワケではない……。

イラスト/スタジヲワンツー



そんなアバウトさにもなかなか好感をもっております(笑)。

今年はどうなのかしら? 

やるの? 

やらないの? 

あっ、やるみたいですよ。

12月8日~25日だよ。

楽しみだな。


しかし、『moi』があるから北欧、というのは私が勝手に決めました。

『moi』は、北欧通り(大正通りの一部)にある北欧カフェである。

2002年に荻窪にオープンして、2007年に、吉祥寺に移転してきたそう。

ところで、吉祥寺の北欧『moi』とは、どんな店なのか?


はっきり言って、私はガチでこの店に頻繁に出没している。

ホントに超お気に入りである。

正直、この連載で紹介したくないが、背に腹は変えられない。

一体、何の“背”で“腹”なのか、書いている自分としても不明ですが、とにかく好き過ぎて感情的になりそうなので、箇条書きで『moi』の素晴らしさをお伝えしましょう。


1:テーブルが広く安定感があるので、ここに来るとアナログ仕事がはかどる

2:平日はおひとり様が多く、お店が静かで、私の得意技“ぼんやり”も加速する

3:ポストカードや北欧雑貨を販売しているスペースのセンスが、さり気なくよい

4:自家製シナモンロールが美味しい(他の北欧系フードも美味しい)

5:『レイニーデイ』『エンペラーズブライド』など、フルーツアロマ系の北欧紅茶が美味しい。
  もちろんコーヒーもおいしい

6:季節の限定ドリンクも、シーズン中に5~6回は飲んでおきたい美味しさ

7:店主は、おそらくエッジが効いているお人柄だと思うが、接客は癒し系

8:お店のインテリアや照明が“超さりげなく”オシャレ

9:土日祝の昼間は混んでいるが、行列するとかそういう面倒くさいことはない

10:お店全体(インテリア、カトラリー、店主含む)にスッキリとした清潔感がある

11:『moi』という店名が好きだ(フィンランド語で「やあ!」とか「Hi!」みたいな意味)

12:お客さんが店を出る際の店主の“お気をつけて”というソフトな声かけがいい


一応、12項目あげてみたが、あと20項目くらい軽く作れそうだ。

とても小さなお店なんだけど、そこもいい!


この際だから、おっさん女子的エピソードも披露しちゃう!


2017年の12月25日のクリスマスの夕方に、私は『moi』で、ひとりお茶をしていた。

隣に座っていた女子大生2名(清楚系女子)が、「サークルに“ウェーイ”が増えて辞めちゃった」と話していた。

ちなみに“ウェーイ”とは、四六時中”ウェ~イ~~♪“とか言って、テンションが高い人々。

昔でいうところのイケイケ。

もしくはパリピですな。

さらにちなみのこの2人は、天文サークルと英語ディベイトサークル所属であった(思いっきり盗み聞き)。

しかも英語ディベイトサークルは、部長がウェーイになってしまい、なぜか合宿でテニスをやらなくてはいけなくて、すごく辛かったと言っていた(苦笑)。

あらら、英語もディベートもまったく関係ないなそりゃ、と思わず合いの手を入れそうになった私。

そんなおとなしめの若い女子2名、キラキラ★クリスマス的な盛り上がりもしておらず、「今日、吉祥寺で買い物をして、moiで○○ちゃんとお茶しているのが、私のクリスマスっていう感じ」

「私も!」とニコニコ語りあっており、おっさん女子は非常に心が温まったのである。


12月~年末年始、とりわけクリスマスシーズンの吉祥寺は、さすがにキラキラ★で、ウェーイ♪で、超人混み(@_@)で、店に入れず路頭に迷ったカップルがウロウロしているという雰囲気がそこかしこに充満……(連載22回参照)。

しかし『moi』は、比較的平常心なので、激しくおすすめである。

というか、『moi』は、年中、平常心という感じで、そこも好きだ! 

この時期に『moi』にクリスマス感があるとしたら、お店で販売しているポストカードにクリスマスっぽいものが増えている、ということくらいかなぁ(笑)。

あと、冬の限定ドリンク『ラム・バタースコッチ』もおすすめ。

雑に説明すると特製カフェオレ+バターにラム酒をプラスした大人の飲み物。

ラム酒は自分で量を調整するので、ドバドバ入れたい人(私です)は、濃いめにするがいい! 

しかしお酒はちょっと……、という人は1~2滴たらせばいいと思います。寒い冬にぴったりだ!

というワケで、12月に比較的、平常心で生活している人々は、息抜きに『moi』がおすすめだよ、っていうのが言いたいワケです。


伝わったかなぁ。

お店に入るとすぐに、北欧雑貨とポストカードが置いてあるスペースがあって、さらに奥に進むと喫茶スペースがある。もちろん雑貨を見るだけでもOK。

ステキすぎる白いカップ&ソーサー。シンプルなのに、さり気なくオシャレなデザイン。コーヒーの色とのコントラストも超キレイ。ちなみに紅茶の場合は、紅茶って透明感があってキレイな色なんだなぁ、とシミジミします。

自家製シナモンロール。ちなみにフィンランドでは10月4日はシナモンロールの日みたいです。


サーモンの北欧風タルタルサンド。パンにもこだわっている感があって、美味しいです。

moi
[住所]東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-3 グリーニイ吉祥寺1F
[営業時間]平日/ 11時30分〜19時(18時30分L.O.) 土日祝 /12時〜19時(18時30分L.O.)
[定休日]火曜(年末年始は定休日&営業時間の変更があります)
http://moicafe.hatenablog.com/





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。
更新: 2019-05-10 16:00:00
中華屋に行くと、反射的にレバニラ炒めを頼むおっさん女子とは、私のことですが、今回は、レバニラなどという庶民的なメニューがない、中華料理のお店を紹介しようと思います……。 いわゆる「本格中華」という感じの店、ですね!
更新: 2019-05-03 10:30:00
ほかの街では見られないが、吉祥寺特有の現象がたまにあります。おっさん女子的には、そのひとつが“トマト麺”ではないか? と思っております。 なぜ吉祥寺でトマト麺がアツいのか?というと、ほぼ同じコンセプトの店が2軒あるからなのでした……。
更新: 2019-05-01 09:15:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt