MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(74) 師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(74) 師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件

12月って、なんでこんなバタバタして、疲れるんでしょうか?(涙)。あと必要以上に街がキラキラして、落ち着かないし、人が多いし、さらにストレス倍増だよ。 そんなとき、地元民の私は解決策を持っているんですよ、ふふふ。 この記事は、吉祥寺で師走に疲れた人だけが、読めばOKです……。

師走に疲れた私は、吉祥寺で一体何を食べたらいいんでしょうか? の件


12月って、なんでこんなにも忙しくて、必要以上に疲れるんでしょうか? 

そして来年の仕事の仕込みをやったり、打ち合わせをしたり……。

他人の年末年始の休みの予定を聞かされ、慌てて日程を調整したり……。

来年のことなんか知るかよ! と日に日に心が荒んでくるのは、なぜでしょう? 

そしてお腹は空いているのに、頭がパンパンで食べたいものが、まったく浮かびません……。

さらに吉祥寺は店が多すぎて、もうどこで何を食べたらいいのかも、わかりません! 

しかし腹が減った……。

12月ってそんな季節(涙)。

あと、必要以上に街がキラキラして、落ち着かないし、人が多いし、さらにストレス倍増だよ。


そんなとき、地元民の私は解決策を持っているんですよ、ふふふ。

っていうか自衛策として必要なのよ。

必要は発明の母だよね。

そんなお店を今回は紹介してみようと思います。

もうこの記事は、吉祥寺で師走に疲れた人だけが、読めばOKです(苦笑)。


イラスト/スタジヲワンツー



ズバリ、その店はサンロードにある『E蔵』だ! 

サンロードっていったら吉祥寺のど真ん中ですよ。

そんなど真ん中にあるのよ、この店は。

ちなみに疲れてくると、複雑な経路の店に行く気がしません。

あと混んでいるお店はストレスが増大するだけなので、NG。

並ぶなんてもってのほかだよ。12月に並んでられるか! っていうか私はたとえヒマでも並ばないよ、地元民だからね(キッパリ)。


しかし『E蔵』は、地下にあって、間口は狭いが店は広いという、いい感じの構造です。

100席弱もあるキャパですよ。

しかも中が見えず、ちょっと高級っぽいので敬遠する人がいるのか、比較的空いています。

でも実際、高級っぽいとか、全然そんなことはなくリーズナブル。

ランチが激しくおすすめなんだけど、その理由はメニューです。

『日替わりE蔵弁当』『越後セット』『お刺身と天ぷら定食』『お刺身と鮭ハラス定食』などなど。

とにかくセットになっている。

しかも少しづつ、たくさん小鉢がある構成、もしくは弁当構成なので、もう何が食べたいのか自分でも全然わかんないけど、セットにしておけば、どうにかなる! 

そんなメニューがそろっているのです。

しかもおっさん女子が大好きな『唐揚げ定食』や『刺身定食』『金目鯛の煮込み定食』『麦豚みそ焼き定食』『天せいろ蕎麦』などなど。

もう肉、魚、蕎麦、天ぷら、なんでもあるんです! 

このなかから、かすかにでも自分の食べたいものを選べばいい、それが『E蔵』のランチなんですよ。

もう疲れて思考停止している人は、『越後セット』にしたらいいと思うよ。

海鮮のっけ寿司、焼き物、お蕎麦という構成です。

のっけ寿司にテンションが上がるぜ! という感じ。

ランチはどのメニューもだいたい1000円前後です。

とにかくメニューは店に入ってから考えることが可能なので、疲れた人にはおすすめです。

あと席が仕切られていて、ほかのお客さんの会話なども気になりません。

しかもどれも美味しいので、元気がでますよ。

そして言い忘れましたが、この店は、新潟直送の魚やお酒などが自慢のお店でございます。




さらに吉祥寺には東急裏に姉妹店『U猿』もあります。

ここも地下にありますが、50席くらいで、昼は地元のサラリーマン&OL風の人々で若干混んでいますが、でも並んではいないので、おすすめ。

ランチメニューの構成もほぼ同じです。


もうね、疲れているときは、食べるものの選定に、あんまり頭を使っちゃダメ、というのが教訓です(涙)。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
白飯至上主義であるため、パンにさして愛情もなく、パン屋のキャラ立ちと&やりすぎが大好物なおっさん女子です。 そんな私も、この連載のネタを探すためにパン屋にも足を踏み入れるようになったのですが、そのときに必ずチェックしてしまうパンがあります。 はい、それは動物パン……。
更新: 2019-05-10 16:00:00
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt