MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件

おっさん女子といえども、私も女子の端くれ。女子会のお誘いというのもあるワケですよ。まあ12月って、そういうごはん会が多い季節。 それで、だいたいの流れ的に、ザックリとした場所を決めますよね。表参道とか代官山とか、恵比寿とか。 しかし場所が吉祥寺に設定されると、なぜかエスニック料理に票が集まるのである……。

吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件


おっさん女子といえども、私も女子の端くれ。

女子会のお誘いというのもあるワケですよ。

まあ12月って、そういうごはん会が多い季節だよね。

それで、だいたいの流れ的に、ザックリとした場所を決めますよね。

表参道とか代官山とか、恵比寿とか。

しかし場所が吉祥寺に設定されると、なぜかエスニック料理に票が集まるのである。

たま~にイタリアンがいい、という声もありますが、結局多数決で負けてエスニックなんだよな、吉祥寺。

恵比寿&代官山なんて、99%イタリアンで、表参道は和食だよ……(おっさん女子独断調べ)。


ちなみに私は、常にイタリアンに票を入れるおっさん女子ですが……(苦笑)。

どうして女子という生き物はエスニック料理が好きなのか? 

正真正銘の女子だろうが、おっさん女子だろうが、女子が数名集まろう! ということになったら、エスニック率高いよね……。


イラスト/スタジヲワンツー



場所が吉祥寺になった場合、地元民ということで、私が幹事になってしまう……。

そして店のセレクトを一任されてしまう……。

そんなときの私の心情は、連載57回をお読みください……。

そうなると、じゃあ、店はどこですか? ということになるけど、もうね、ほぼ一択ですよ。

選択肢が意外にないの。

私は3秒くらいで、中道通りを1本入ったところにある『A食堂』に決めちゃう。

カジュアルなタイ料理のお店です。

女子2名だったりすると、ほかの店という選択肢もあるんだけど、もう女子が3人以上ってなったら『A食堂』だな。

お店のキャパの関係が大きいんだけどね。

でもさー、『A食堂』は混んでいるので、予約が必須なのよ。

ちなみにランチはママ軍団で激混みなので、昼も予約したほうがベター。

そして夜は、おっさん女子会軍団で激混みなので、予約は必須ね!

あっ、夜は普通の若い女子軍団も多いけど……。

とりあえず、『A食堂』は、吉祥寺における女子会のメッカといっていいと思います。

料理は普通に美味しいですが、なんといってもポイントは、店内に解放感があり、ザワザワしているということです(笑)。

とにかく女子会は、うるさい。

喋る。

盛り上がる。

といった具合なんで、静かで閉塞感のある場所は、向いていません。

そして話の内容は、愚痴、悪口、ちょっと聞いてよ話、秘密の話、などなど、基本的に話しているとイヤ汁が出ていることが、しばしば。

『A食堂』には、そんなイヤ汁を中和する力があります! 

ちなみに個室で女子会をやると、自分たちのイヤ汁で煮詰まります(笑)。

外に発散しないとダメ。

ここのお店のスタッフさんは、テーブルにお酒がなくなると、すかさず『飲み物はいかがですか?』とオーダーのナイスフォローが入ります。

これは意外に重要で、アルコールでイヤ汁を消毒ですよ(笑)。

そして料理のスパイスでさらに浄化だ! 


一応、『A食堂』のオススメのメニューも紹介しておこう!


ちなみに『A食堂』でオーダーするべきメニューは、時期によって入れ替わる『季節のメニュー』と、青パパイヤのサラダ(ソムタムタイ)。

あとは、春雨のサラダ(ヤムウンセン)、揚げ春巻き、生春巻き、タイのさつま揚げ、オムレツ、空芯菜の炒め物あたりでしょうか? 

ヤムウンセンなど、ピーナッツがまぶしてある料理が香ばしくて特に美味しいです。

そして私は、ほかの女子の意見を聞かず勝手に“スパイシー海老せん”を頼みます(苦笑)。

これは、パリパリのおやつテイストで超美味しいです。

ビールによく合います。

おっさん女子会は各自が食べたいものをテキトーに、そして口々にオーダーするのが王道です。


『A食堂』は、間違いなく吉祥寺のエスニックの人気店ですが、デートには向かない気がする。

だって女子のイヤ汁がそこかしこに飛ぶんだもん……。

カップルの皆さんは、たとえば連載22回で紹介した『O酒場』や、『Y』に行ってください。

そのほうが、恋のステップが前進すると思います……(ただし結果は自己責任でお願いします)。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
2018年の11月に、吉祥寺パルコ内に吉祥寺で6軒目のスタバができました。 スタバがいくら増えても吉祥寺のカフェ難民は救済できません。歩き疲れたらカフェでひと休みしたいっていうのが普通の人間の感覚だと思うのですが、吉祥寺ってそんな普通の欲求を満たすのが難しいくらいに、カフェは激混みなんですよ……。
更新: 2019-03-14 18:12:27
アトレ吉祥寺は線路に沿って存在している建物なので、東西に長い。さらに出入り口も多い。このアトレ吉祥寺の出入り口を使いこなしてこそ、地元民(断言!)。そして今回は、アトレ吉祥寺の本館西口、つまり最も三鷹寄りのわりと小さな出口から出て辿り着く、“アトレ吉祥寺本館西口から出た肉ランチ三角地帯”を独断でご紹介です。
更新: 2019-03-11 16:14:49
みなさん“脂の木曜日”を知っていますか? これはポーランドの祝祭イベントのひとつなんですが、なんともステキな木曜日だわ! と思うのは私だけでしょうか? ポーランドの人々は、“脂の木曜日”にポンチキ(ポーランド風揚げドーナツ)を思いっきり食べるらしい。ちなみに2019年の“脂の木曜日”は、2月28日です……。
更新: 2019-02-27 16:00:00
最新の投稿
サラダサーモン、サラダシーチキン、超鰹力などなど、これまでにも調理の手間なくお魚のタンパク質をたっぷり摂ることができるコンビニ商品を紹介してきた。そして、その決定版といえる商品がセブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から発売された。それも3種類同時に登場だ……!
更新: 2019-03-27 08:30:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-03-26 16:05:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt