MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(75) 吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件

おっさん女子といえども、私も女子の端くれ。女子会のお誘いというのもあるワケですよ。まあ12月って、そういうごはん会が多い季節。 それで、だいたいの流れ的に、ザックリとした場所を決めますよね。表参道とか代官山とか、恵比寿とか。 しかし場所が吉祥寺に設定されると、なぜかエスニック料理に票が集まるのである……。

吉祥寺のおっさん女子会は、なぜかエスニックだよ、の件


おっさん女子といえども、私も女子の端くれ。

女子会のお誘いというのもあるワケですよ。

まあ12月って、そういうごはん会が多い季節だよね。

それで、だいたいの流れ的に、ザックリとした場所を決めますよね。

表参道とか代官山とか、恵比寿とか。

しかし場所が吉祥寺に設定されると、なぜかエスニック料理に票が集まるのである。

たま~にイタリアンがいい、という声もありますが、結局多数決で負けてエスニックなんだよな、吉祥寺。

恵比寿&代官山なんて、99%イタリアンで、表参道は和食だよ……(おっさん女子独断調べ)。


ちなみに私は、常にイタリアンに票を入れるおっさん女子ですが……(苦笑)。

どうして女子という生き物はエスニック料理が好きなのか? 

正真正銘の女子だろうが、おっさん女子だろうが、女子が数名集まろう! ということになったら、エスニック率高いよね……。


イラスト/スタジヲワンツー



場所が吉祥寺になった場合、地元民ということで、私が幹事になってしまう……。

そして店のセレクトを一任されてしまう……。

そんなときの私の心情は、連載57回をお読みください……。

そうなると、じゃあ、店はどこですか? ということになるけど、もうね、ほぼ一択ですよ。

選択肢が意外にないの。

私は3秒くらいで、中道通りを1本入ったところにある『A食堂』に決めちゃう。

カジュアルなタイ料理のお店です。

女子2名だったりすると、ほかの店という選択肢もあるんだけど、もう女子が3人以上ってなったら『A食堂』だな。

お店のキャパの関係が大きいんだけどね。

でもさー、『A食堂』は混んでいるので、予約が必須なのよ。

ちなみにランチはママ軍団で激混みなので、昼も予約したほうがベター。

そして夜は、おっさん女子会軍団で激混みなので、予約は必須ね!

あっ、夜は普通の若い女子軍団も多いけど……。

とりあえず、『A食堂』は、吉祥寺における女子会のメッカといっていいと思います。

料理は普通に美味しいですが、なんといってもポイントは、店内に解放感があり、ザワザワしているということです(笑)。

とにかく女子会は、うるさい。

喋る。

盛り上がる。

といった具合なんで、静かで閉塞感のある場所は、向いていません。

そして話の内容は、愚痴、悪口、ちょっと聞いてよ話、秘密の話、などなど、基本的に話しているとイヤ汁が出ていることが、しばしば。

『A食堂』には、そんなイヤ汁を中和する力があります! 

ちなみに個室で女子会をやると、自分たちのイヤ汁で煮詰まります(笑)。

外に発散しないとダメ。

ここのお店のスタッフさんは、テーブルにお酒がなくなると、すかさず『飲み物はいかがですか?』とオーダーのナイスフォローが入ります。

これは意外に重要で、アルコールでイヤ汁を消毒ですよ(笑)。

そして料理のスパイスでさらに浄化だ! 


一応、『A食堂』のオススメのメニューも紹介しておこう!


ちなみに『A食堂』でオーダーするべきメニューは、時期によって入れ替わる『季節のメニュー』と、青パパイヤのサラダ(ソムタムタイ)。

あとは、春雨のサラダ(ヤムウンセン)、揚げ春巻き、生春巻き、タイのさつま揚げ、オムレツ、空芯菜の炒め物あたりでしょうか? 

ヤムウンセンなど、ピーナッツがまぶしてある料理が香ばしくて特に美味しいです。

そして私は、ほかの女子の意見を聞かず勝手に“スパイシー海老せん”を頼みます(苦笑)。

これは、パリパリのおやつテイストで超美味しいです。

ビールによく合います。

おっさん女子会は各自が食べたいものをテキトーに、そして口々にオーダーするのが王道です。


『A食堂』は、間違いなく吉祥寺のエスニックの人気店ですが、デートには向かない気がする。

だって女子のイヤ汁がそこかしこに飛ぶんだもん……。

カップルの皆さんは、たとえば連載22回で紹介した『O酒場』や、『Y』に行ってください。

そのほうが、恋のステップが前進すると思います……(ただし結果は自己責任でお願いします)。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00
吉祥寺でたまに勃発する“食べ物バブル現象”。 そんななか、非常にちっちゃいバブルだったのですが“チーズプチバブル”というのが、あります(続行中)。 チーズにこだわったメニューをウリにするお店が、次々にできたんですけど、現状、4軒くらいかな。でも多いよね……。
更新: 2019-07-02 16:04:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt