MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[28] コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!

大阪ローカル穴場メシ情報[28] コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!

煌びやかな道頓堀を過ぎ去り、向かったのは大阪は日本橋駅から徒歩数分にある「からから亭千日前店」。 観光客は滅多に来ない場所にある、昔ながらの風情が味わえると評判の焼肉屋なんや。

コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!


煌びやかな道頓堀を過ぎ去り、向かったのは大阪は日本橋駅から徒歩数分にある「からから亭千日前店」。

ここはカウンター席7席のみという小ぢんまりとした焼肉屋で、観光客は滅多に来ない場所にある。

逆に言えば、昔ながらの風情が味わえると評判なんや。


「近くに韓国料理店があるので韓国からの観光客は増えてますね。
ただし、うちは半分近くが『1人焼肉』。女性1人で訪れる人もいてますよ」(店長)

オープンしてまる9年。

この店の名物は肉を焼き始める前にある。

ツラミ刺身(800円)は、誰もが“ホレる一品”だ。


ツラミの刺身にネギを包んで、ワサビと醤油でひと口。

言葉なんかいらん……。

絶句する旨さなのだ!

口の中で脂がトロけて、赤身がいい感じに食感を残し、後味が非常に柔らかい。

この絶妙なハーモニー。言葉にし難いのだ。

ポン酢と柚子胡椒で食す「生センマイ」(700円)も、ぜひ注文したい。


生センマイを塩とごま油とネギであえているので、下味はすでにある。

それをポン酢につけると、風味が一段と広がっていく。

「味を調えてあるので後はお好みなんですね」

なるほど、このまま食しても十分だ。

次いで注文した「豆もやし」(400円)にも驚いた。


シャキシャキ感が残ったもやしに、ごま油の味つけがバツグン。

実はこの「豆もやし」、同店の自家製。

味つけのバランスは細部までこだわって、胡椒の配分も絶妙だ。

当然のことながら、メインの焼肉も大充実。

人気は「ホルモンセット」(1300円)。

その日にある4品目、200gで提供されるお値打ちセットだ。


ハチノスにコリコリ、ホルモン、ハツのオーソドックスな4品。

味噌ダレベースで新鮮なホルモンとの相性がいい。



「ハラミ」(800円)と「カルビ」(1000円)を食して、この日は大満足。


社交的な雰囲気で、客の入れ替わりも早い。

こんなお店なら1人焼肉でも平気だ。






焼肉ホルモン からから亭千日前店
[住所]大阪市中央区千日前1-5-1
[TEL]06-6211-2677
[営業時間]18:00~翌5:00
[定休日]正月三が日







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
梅田の第一ビルといえばサラリーマンにこよなく愛される激安居酒屋が密集したエリア。 そんなエリアに新店がオープン。前を通るとカウンターで一人酒する美女が……!?  彼女の名前はルーシーちゃん。今年2月7日にオープンしたばかりの洋風バル『ルーシースタンドダイニング大阪駅前第1ビル店』の“アイドル”だ。
更新: 2019-05-08 16:05:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
「ココの上ロースを食べたら他では食べられへんで!」 そう言われて訪れたのは、東大阪市にある「南大門」。 昭和53年創業の老舗焼肉店は、A5とA4の黒毛和牛を扱い、肉通に随分と知られたお店である……。
更新: 2019-04-23 09:56:04
2018年の12月にオープンの注目寿司店。 国産の鮮魚にこだわった本格寿司を、しかも財布にやさしい値段で提供してくれる話題店。写真映えするカウンター席を備え、すでに目ざとい外国人観光客が急増中なのだ。
更新: 2019-03-27 16:05:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt