MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪は八尾市との境にある加美駅から約500m。 父はもともと寿司職人。息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ親子がタッグを組んだ、新スタイルのビストロがある……。

昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店


父はもともと寿司職人。

息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ。

「突然、オヤジから一緒にやらへんか? と誘われて親子で初めてお店をしたんです。
もともと、別々の飲食店を経営していたんですけど、オヤジがこの店舗を借りようとしたら予想以上に広かったんですよ。
だから僕が誘われたんです(笑)」とは、息子の岩﨑龍介さん。

大阪は八尾市との境にある加美駅。

その駅から約500mの場所に「びあんか」があった。

この岩﨑親子が初タッグを組んだビストロだ。


「4年前の7月に始めたんです。
昼間は父親がランチ主体の定食を提供して、夜はビストロ。
といっても父親も働いていているんで和洋、どちらも対応します」


「日替わりランチ」は650円で、ご飯のお替わり自由。

この日のメニューはかぼちゃの饅頭あんかけと野菜のかき揚げ、果物のリンゴまで付いてこの値段。

「プラス100円でコーヒーも付きますよ」

ちなみに、夜の部はビストロといっても、なんと寿司まである。

日によってネタは異なるが、盛り合わせ8貫で1200円という安さ。

ネタにより、若干の値上がりはするものの、マグロやタイ、カツオなどを含めてこの値段なのだ。

安くて量が多いのは「前菜」(1280円)もそう。

見ての通り、3、4人前はある。

生ものと生ハム、チーズに生野菜。味付けはバルサミコソースだ。



裏メニューの「だし巻き」はなんと400円!

「平野ではグルメなお客さんも、量を好むお客さんも、両方います。
安くて旨くないとダメなので、こうした料理を提供していているんです」


この安さはいったいなんや!?

「実は『びあんか』とはイタリア語で白という意味。
真っ白から2人で始めようと思って、このネーミングにしたんです。
何でも対応しようと思いまして……」

それにしても、このボリュームは大盤振る舞いすぎる……。

どんな料理にでも対応するので、材料があればこの親子は何でも提供してしまうクセを持つらしい。

ラストにオーダーした「ピザ」(980円)は、生地からすべて手作り。

コダワリが凄すぎて、生地は一度揚げてから焼いているとか。



生地にも味が染み込み、ホレボレする逸品。

何を食べても確かにウマイ!

住宅街にひっそりと佇む名店、足を伸ばす価値はアリだ。

うまいもんビストロ びあんか
[住所]大阪市平野区加美西2-11-13
[TEL]06-6796-3031
[営業時間]11:00~14:00
      17:00~23:00
[定休日]木曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
待ち時間ナシで入店できればラッキーという洋菓子店が、下町情緒溢れる玉造にある。 こんな情報を元にその正体を探ると、「季節限定のかき氷」が有名だという……。 ウワサのお店の名は「マツシタキッチン」。 レトロな長屋を改装した外観を見ただけで、ゾクッときた。
更新: 2019-07-03 17:00:00
北新地の南端にある高級中華『海皇OSAKA堂島店』はその昔、テレビCMをバンバン流していた。 梅田にあるANAクラウンホテル前といえば、わかりやすいかもしれない。 とはいえ『海皇』といえば「高級」というイメージ。 それが実は、ランチを安く食べられるのをご存じか……?
更新: 2019-06-28 16:00:00
東京でピザ職人として修業後、大阪に帰郷。 「鶴橋にはピザが食べられるお店が少ないので、太く長くやれるお店をやれば勝機はあると感じています」 こう言うのは『鶴橋 粉KONA』の谷口康裕さん。 メニューを見渡すと、実に低価格の料理ばかりでビックリやで。 しかも、手作りにこだわり、ピザとうどん、両方とも自家製だ……。
更新: 2019-06-19 16:00:00
鶴橋の商店街を出て南東方向に、鶴橋駅から徒歩にして約10分。 関西でも珍しい室蘭焼鳥を提供する「たつ家」が現れる。 室蘭やきとりとは、鳥ではなく豚肉を使用する。 ホンマもんだ、と感じたのだろう。お店を訪れた室蘭市長自らが「もっと広めて下さい」と激励をしたそうだ……。
更新: 2019-06-10 16:00:00
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt