MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪は八尾市との境にある加美駅から約500m。 父はもともと寿司職人。息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ親子がタッグを組んだ、新スタイルのビストロがある……。

昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店


父はもともと寿司職人。

息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ。

「突然、オヤジから一緒にやらへんか? と誘われて親子で初めてお店をしたんです。
もともと、別々の飲食店を経営していたんですけど、オヤジがこの店舗を借りようとしたら予想以上に広かったんですよ。
だから僕が誘われたんです(笑)」とは、息子の岩﨑龍介さん。

大阪は八尾市との境にある加美駅。

その駅から約500mの場所に「びあんか」があった。

この岩﨑親子が初タッグを組んだビストロだ。


「4年前の7月に始めたんです。
昼間は父親がランチ主体の定食を提供して、夜はビストロ。
といっても父親も働いていているんで和洋、どちらも対応します」


「日替わりランチ」は650円で、ご飯のお替わり自由。

この日のメニューはかぼちゃの饅頭あんかけと野菜のかき揚げ、果物のリンゴまで付いてこの値段。

「プラス100円でコーヒーも付きますよ」

ちなみに、夜の部はビストロといっても、なんと寿司まである。

日によってネタは異なるが、盛り合わせ8貫で1200円という安さ。

ネタにより、若干の値上がりはするものの、マグロやタイ、カツオなどを含めてこの値段なのだ。

安くて量が多いのは「前菜」(1280円)もそう。

見ての通り、3、4人前はある。

生ものと生ハム、チーズに生野菜。味付けはバルサミコソースだ。



裏メニューの「だし巻き」はなんと400円!

「平野ではグルメなお客さんも、量を好むお客さんも、両方います。
安くて旨くないとダメなので、こうした料理を提供していているんです」


この安さはいったいなんや!?

「実は『びあんか』とはイタリア語で白という意味。
真っ白から2人で始めようと思って、このネーミングにしたんです。
何でも対応しようと思いまして……」

それにしても、このボリュームは大盤振る舞いすぎる……。

どんな料理にでも対応するので、材料があればこの親子は何でも提供してしまうクセを持つらしい。

ラストにオーダーした「ピザ」(980円)は、生地からすべて手作り。

コダワリが凄すぎて、生地は一度揚げてから焼いているとか。



生地にも味が染み込み、ホレボレする逸品。

何を食べても確かにウマイ!

住宅街にひっそりと佇む名店、足を伸ばす価値はアリだ。

うまいもんビストロ びあんか
[住所]大阪市平野区加美西2-11-13
[TEL]06-6796-3031
[営業時間]11:00~14:00
      17:00~23:00
[定休日]木曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
しょんべん横丁にあった「トンキ」は、火災から見事復活。名物の焼きとんがなくなったが、もう一つの名物、餃子は今も健在だ。 「ギョウザ」(300円)はにんにく抜き。パンチがないと思いきや、ニラで十分の風味があって実に優しい味わいだ……。
更新: 2019-02-26 16:05:00
もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。
更新: 2019-02-15 16:10:00
十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。
更新: 2019-02-06 16:05:00
最新の投稿
サラダサーモン、サラダシーチキン、超鰹力などなど、これまでにも調理の手間なくお魚のタンパク質をたっぷり摂ることができるコンビニ商品を紹介してきた。そして、その決定版といえる商品がセブンイレブンのプライベートブランド「セブンプレミアム」から発売された。それも3種類同時に登場だ……!
更新: 2019-03-27 08:30:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-03-26 16:05:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt