大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪ローカル穴場メシ情報[29] 昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店

大阪は八尾市との境にある加美駅から約500m。 父はもともと寿司職人。息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ親子がタッグを組んだ、新スタイルのビストロがある……。


昼は定食屋で夜はビストロ。親子でタッグを組んで完成した新スタイルの飲食店


父はもともと寿司職人。

息子は和洋レストランで修業してすでに約24年のキャリアを持つ。

「突然、オヤジから一緒にやらへんか? と誘われて親子で初めてお店をしたんです。
もともと、別々の飲食店を経営していたんですけど、オヤジがこの店舗を借りようとしたら予想以上に広かったんですよ。
だから僕が誘われたんです(笑)」とは、息子の岩﨑龍介さん。

大阪は八尾市との境にある加美駅。

その駅から約500mの場所に「びあんか」があった。

この岩﨑親子が初タッグを組んだビストロだ。


「4年前の7月に始めたんです。
昼間は父親がランチ主体の定食を提供して、夜はビストロ。
といっても父親も働いていているんで和洋、どちらも対応します」


「日替わりランチ」は650円で、ご飯のお替わり自由。

この日のメニューはかぼちゃの饅頭あんかけと野菜のかき揚げ、果物のリンゴまで付いてこの値段。

「プラス100円でコーヒーも付きますよ」

ちなみに、夜の部はビストロといっても、なんと寿司まである。

日によってネタは異なるが、盛り合わせ8貫で1200円という安さ。

ネタにより、若干の値上がりはするものの、マグロやタイ、カツオなどを含めてこの値段なのだ。

安くて量が多いのは「前菜」(1280円)もそう。

見ての通り、3、4人前はある。

生ものと生ハム、チーズに生野菜。味付けはバルサミコソースだ。



裏メニューの「だし巻き」はなんと400円!

「平野ではグルメなお客さんも、量を好むお客さんも、両方います。
安くて旨くないとダメなので、こうした料理を提供していているんです」


この安さはいったいなんや!?

「実は『びあんか』とはイタリア語で白という意味。
真っ白から2人で始めようと思って、このネーミングにしたんです。
何でも対応しようと思いまして……」

それにしても、このボリュームは大盤振る舞いすぎる……。

どんな料理にでも対応するので、材料があればこの親子は何でも提供してしまうクセを持つらしい。

ラストにオーダーした「ピザ」(980円)は、生地からすべて手作り。

コダワリが凄すぎて、生地は一度揚げてから焼いているとか。



生地にも味が染み込み、ホレボレする逸品。

何を食べても確かにウマイ!

住宅街にひっそりと佇む名店、足を伸ばす価値はアリだ。

うまいもんビストロ びあんか
[住所]大阪市平野区加美西2-11-13
[TEL]06-6796-3031
[営業時間]11:00~14:00
      17:00~23:00
[定休日]木曜








加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

加藤慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード


大阪 ビストロ

関連する投稿


大阪ローカル穴場メシ情報[30] 爬虫類と小動物に囲まれたバーダイニングで自慢の燻製を食べ三昧

大阪ローカル穴場メシ情報[30] 爬虫類と小動物に囲まれたバーダイニングで自慢の燻製を食べ三昧

近鉄河内山本駅から歩いて数分。タランチュラやサソリ、蛇やトカゲを見ながら食事が楽しめる爬楽空間が、バーダイニングの「BRAND NEW ZONE」。 同店の名物は燻製で、なんと19種類もあるのだ……。


大阪ローカル穴場メシ情報[28] コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!

大阪ローカル穴場メシ情報[28] コレ食べへんと一生後悔する! ツラミ刺身の旨さに絶句、そして悶絶……!

煌びやかな道頓堀を過ぎ去り、向かったのは大阪は日本橋駅から徒歩数分にある「からから亭千日前店」。 観光客は滅多に来ない場所にある、昔ながらの風情が味わえると評判の焼肉屋なんや。


大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!

大阪ローカル穴場メシ情報[27] ちゅるんちゅるんで、中シャキシャキ。箸が止まらなくなる水餃子がウマすぎた!

昔からミナミの“遊び人”によく知られている日宝ファインビル。バーや小料理屋など、このビルで経営するオーナーは実に個性的だったりする。そんななか、餃子専門店「イチロー心斎橋店」は、中国語なまりの関西弁を話す女将の翁麗芳(オウレイホウ)さんが1人で切り盛り。深夜になると満席で入れなくなる、有名店なんや!


大阪ローカル穴場メシ情報[25] 女子会で大人気! 炭焼き肉バル「Buff」でリブロースに舌鼓!

大阪ローカル穴場メシ情報[25] 女子会で大人気! 炭焼き肉バル「Buff」でリブロースに舌鼓!

肉好きが高じると、肉本来の噛み応えもあって風味や旨みを存分に感じられる、実にアメリカ的なステーキを食らいつきたくなる。 そんな人に適したお店は、炭焼きの肉バル「Buff(バフ)」。 この4名以上の女性グループには、料理と飲み放題がついて3500円の「Buff girl's Party plan」が大人気なのだ……。


大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた! 来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ……。


最新の投稿


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


ランキング


>>総合人気ランキング